メインメニューを開く

伊達 邦実(だて くにざね)は、江戸時代後期の仙台藩一門第二席・亘理伊達家第13代当主。

 
伊達邦実
時代 江戸時代
生誕 文政6年10月22日1823年11月24日
死没 安政6年7月7日1859年8月5日
別名 藤五郎、安房
戒名 直指院殿見山了性大居士
墓所 大雄寺宮城県亘理郡亘理町
主君 伊達慶邦
仙台藩
氏族 伊達氏
父母 父:伊達宗恒
兄弟 邦実三沢邦為岩城邦規
藤子(伊達邦賢室)
正室:伊達斉義娘・保子(貞操院)
豊子(伊達邦成室)
養子:邦成伊達義監子)

生涯編集

文政6年(1823年)10月22日、亘理伊達家第12代当主・伊達宗恒の嫡男として生まれる。

弘化元年(1844年)10月10日、藩主伊達慶邦の異母妹・保子(佑姫)を娶り、弘化4年12月(西暦では翌1848年)、父・宗恒の隠居にともない家督を相続する。

安政6年(1859年)7月7日死去。享年37。邦実には六男二女があったが、二女の豊子を除いて皆夭逝したため、岩出山伊達義監の二男・邦成を豊子の婿に迎え、養嗣子とした。

系譜編集

  • 正室:保子伊達斉義の娘)
    • 女子
    • 伊達兵力
    • 伊達初太郎
    • 豊子 - 亀久姫。伊達邦成室
    • 伊達兵力
    • 伊達虎若
    • 伊達寿
    • 伊達駒若

参考文献編集

  • 『亘理町史』上巻(宮城県亘理郡亘理町、1975年)
  • 伊達宗弘・伊達君代『仙台藩最後のお姫さま 北の大地に馳せた夢』(新人物往来社、2004年)