メインメニューを開く

佐々木 彰生(ささき あきお、英語: Akio Sasaki, 1991年3月19日[1][2] - )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。2010年オンドレイネペラメモリアル、2010年アジアンオープンフィギュアスケーティングトロフィー優勝。武相高等学校卒業、明治大学卒業。

Pix.gif 佐々木 彰生
Akio SASAKI
Figure skating pictogram.svg
Akio Sasaki at 2009 Nebelhorn Trophy.jpg
2009年ネーベルホルン杯にて
photo by David W. Carmichael
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1991-03-19) 1991年3月19日(28歳)
出生地: 神奈川県横浜市
身長: 163.7 cm
体重: 56 kg
元コーチ: 佐藤亜希子[1][2]
佐藤操[2]
元振付師: 佐藤操[1]
所属クラブ: 明治大学スケート部
引退: 2014年6月29日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 179.16 2009 ネーベルホルン杯
ショートプログラム: 64.30 2009 ネーベルホルン杯
フリースケーティング: 114.86 2009 ネーベルホルン杯
 
獲得メダル
冬季ユニバーシアード
2013 トレンティーノ 男子シングル

経歴編集

神奈川県横浜市出身。踊りが得意で、エキシビションに馬のかぶり物で登場するといったエンターテナーの側面も持つ[3]。2005-2006シーズンは「2回転アクセルも跳べないのに出てもしかたない」と競技会に出場しなかった[3]。2006-2007シーズンに2回転アクセルと3回転ルッツを習得[3]。2007年の全日本ジュニア選手権で2位となり、世界ジュニア選手権に出場した。2014年6月29日、神奈川スケートリンク感謝イベントで競技引退を発表。 2017年1月より、浪速スポーツセンター・アイススケート場にてスケートの指導者コーチ)を始める。

主な戦績編集

大会/年 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
全日本選手権 10 9 16 14 8 13
ユニバーシアード 3
ネペラ杯 1 5
トリグラフ杯 4
メラーノ杯 7
フィンランディア杯 11
ネーベルホルン杯 7
アジアフィギュア杯 1
世界Jr.選手権 17
全日本Jr. 選手権 23 6 2 5
JGP J.カリー記念 7
JGPチェコスケート 3
JGPクロアチア杯 13
JGPレークプラシッド 4

詳細編集

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年12月20日-23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 12
65.73
13
122.65
13
188.38
2013年12月9日-15日 ユニバーシアード冬季競技大会トレンティーノ 6
67.69
3
135.97
3
203.66
2013年10月3日-5日 2013年オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 5
64.88
5
122.18
5
187.06
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月27日-31日 2013年トリグラフトロフィーブレッド 4
66.25
4
106.20
4
172.45
2012年12月20日-24日 第81回全日本フィギュアスケート選手権札幌 7
74.92
10
133.60
8
208.52
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年12月23日-26日 第80回全日本フィギュアスケート選手権門真 10
60.45
15
104.39
14
164.84
2011年11月18日-20日 2011年メラーノ杯メラーノ 9
47.19
7
100.49
7
147.68
2011年10月6日-9日 2011年フィンランディア杯ヴァンター 12
52.97
9
114.83
11
167.80
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年12月24日-27日 第79回全日本フィギュアスケート選手権長野 8
64.84
22
94.72
16
159.56
2010年9月30日-10月2日 2010年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 3
61.72
1
123.35
1
185.07
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月25日-26日 第78回全日本フィギュアスケート選手権門真 12
59.15
9
120.68
9
179.83
2009年9月24日-25日 2009年ネーベルホルン杯[4]オーベルストドルフ 7
64.30
9
114.86
7
179.16


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年11月23日-24日 第77回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 3
60.63
12
87.58
5
148.21
2008年10月15日-18日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 10
49.35
6
110.13
7
159.48
2008年9月17日-21日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 5
55.06
3
112.51
3
167.57


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 18
50.05
14
105.09
17
155.14
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権大阪 9
54.50
10
105.02
10
159.52
2007年11月24日-25日 第76回全日本フィギュアスケートジュニア選手権仙台 3
60.24
2
109.10
2
164.66
2007年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 9
46.37
12
81.43
13
127.80
2007年8月30日-9月2日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 3
50.31
5
91.31
4
141.62


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月19日-20日 オーストラリアユースオリピックフェスティバル(シドニー 3
46.72
2
99.08
2
145.80
2006年11月25日-26日 第75回全日本フィギュアスケートジュニア選手権広島 4
49.85
11
82.25
6
132.10


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年11月20日-21日 第73回全日本フィギュアスケートジュニア選手権横浜 23
31.41
22
63.34
23
94.75

プログラム使用曲編集

シーズン SP FP EX
2013-2014 風神
SEVEN
演奏:吉田兄弟
振付:佐藤操
The 80's
作曲:ロベルト・フォンセカ
OMOTINO
演奏:GOMA & Jungle Rhythm Section
振付:佐藤操
目覚め―ネスカフェ・ゴールドブレンドのテーマ
作曲:八木正生
演奏:小松亮太
2012-2013 ブゥードゥー・ピープル
演奏:プロディジー
振付:佐藤操
ジプシー・ダンス
演奏:ジュスカ・グランペール
振付:佐藤操
24karats TRIBE OF GOLD
ボーカル:EXILE TRIBE
フライングゲット
ボーカル:AKB48
2011-2012 日本舞曲第五番
指打鍵盤切捨御免~タイプライター侍~
演奏:杉ちゃん&鉄平
振付:佐藤操
SPOKEY DOKEY
カウボーイビバップ オリジナルサウンドトラックより
Pakapaka Mokuba
演奏:BIG HORNS BEE
振付:佐藤操
2010-2011 美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件
演奏:杉ちゃん&鉄平
エレクトリカルパレード
演奏:→Pia-no-jaC←
2009-2010 Black Bottom
作曲:スパイク・ジョーンズ
Rodrigo Solo
by ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
天国への階段
by ジミー・ペイジ and ロバート・プラント
Tamacun
by ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
2008-2009 屋根の上のバイオリン弾き
作曲:ジェリー・ボック[1][2]
ドラマ『熱烈的中華飯店』より
作曲:大島ミチル
キューバン・ピート 映画『マスク』より
作曲:ランディ・エデルマン
2007-2008[5] ラ・ サルサモーラ
by Manuel Quiroga
コーヒールンバ
作曲:ホセ・マンソ・ペローニ
映画『ロボッツ』サウンドトラック[3]
作曲:ジョン・パウエル
ブラック・オア・ホワイト
曲:マイケル・ジャクソン

脚注編集

  1. ^ a b c d 『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.123
  2. ^ a b c d 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009男子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.31
  3. ^ a b c d 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.41
  4. ^ バンクーバーオリンピック最終予選。国際スケート連盟主催。
  5. ^ 「2007全日本選手権レポート」『フィギュアスケートDays vol.5』DAI-X出版、2008年2月、pp.10-33

外部リンク編集