メインメニューを開く

佐々木 精一郎(ささき せいいちろう、1945年9月2日 - )は、日本の男子陸上競技長距離走マラソン)選手。

1960年代後半から1970年代前半の戦後日本の男子マラソン第1次黄金時代に活躍したランナーで、1968年メキシコシティーオリンピックに男子マラソン日本代表として出場した。佐賀県鳥栖市出身。

人物・来歴編集

中学・高校時代編集

佐々木とマラソンの出会いは佐賀県鳥栖市立田代中学校時代。「1年か2年の時(本人談)」に校内マラソン大会で10位に入り、市内の中学駅伝大会の代表選手になったことがきっかけだった。当時同校には陸上部がなく、バレー部顧問の教諭の指導を受けた[1]

高校は佐賀県立鳥栖工業高等学校に進学。陸上部に入り、全国高等学校総合体育大会陸上競技大会(インターハイ)、国体で上位入賞する[1]他、2年・3年時に全国高等学校駅伝競走大会に出場。2年連続で"花の1区"を担当し、2年時(第13回大会)は32分50秒で区間25位、チーム総合32位にとどまった[2]が、3年時(第14回大会)には1位と3秒差の30分03秒で区間2位となり、チーム総合10位という当時の同校最高順位に大きく貢献した[3]

実業団入り・初マラソン編集

1964年、高校を卒業後、九州電工(現・九電工)に入社。1965年の金栗記念熊日30キロロードレース [4]では、弱冠19歳ながらマラソン前世界記録保持者の寺沢徹を相手に熾烈な トップ争いを展開して、寺沢から6秒遅れの2位に入賞する[1]

20歳でフルマラソンに初挑戦した第15回別府毎日マラソン(現・別府大分毎日マラソン)(1966年2月13日)では2時間15分32秒で4位に入賞[5]。4位までの4選手(寺沢徹岡部宏和君原健二、佐々木)が2か月後のボストンマラソンの出場権を得た[1]

迎えたボストンマラソン(1966年4月19日)では、向かい風の中、この日本人4選手のデッドヒートとなり、レース終盤の「心臓破りの丘」を越えた残り800メートル地点で君原が抜け出し、2時間17分11秒で優勝。佐々木が2時間17分24秒で2位。寺沢・岡部が後に続き、上位4位までを日本勢が独占するという快挙を演出した[1][6]

日本記録樹立とメキシコ五輪出場まで編集

翌年の第16回別府毎日マラソン(1967年2月5日)では、2時間13分38秒で君原健二から5秒遅れの2位。12月3日に開催された第21回国際マラソン選手権(現・福岡国際マラソン)でも2位に入った。この大会では、優勝したデレク・クレイトンオーストラリア)とともに重松森雄の持つ世界最高記録(2時間12分00秒)を更新し、当時の日本最高となる 2時間11分17秒0[7]を記録した。クレイトンは人類初の2時間10分を切る世界新記録(2時間9分36秒4)で優勝したが、佐々木は後方集団からひとり追い上げ、28km地点でクレイトンに追いつき34kmまで並走する健闘を見せた[8]

続く第17回別府毎日マラソン(1968年2月4日)では 2時間13分23秒の大会新記録でマラソン初優勝を飾り、翌年のメキシコシティーオリンピック代表をほぼ手中にした。安定して好記録を出す22歳は若手のホープとしてメキシコでの活躍が期待された。

メキシコ五輪出場から現役引退まで編集

若さと勢いでメキシコシティーオリンピックでの活躍が期待された佐々木であったが、五輪レース本番では30㎞から先頭集団より遅れ始め、35㎞付近で棄権するという結果に終わった。このことについて後年佐々木は、五輪代表選考をめぐるごたごた[9]や、自らの不摂生、「優勝しなければ」というプレッシャーなど様々な理由が重なって調整不足となった、と述懐している[1]

これを境に佐々木のマラソン人生は転機を迎える。1970年には九州電工を退社して神戸製鋼に移籍。実業団駅伝などで選手生活を続けたが、マラソンでは五輪以前の輝きを取り戻すことなく、1978年に33歳で現役を引退した[1]

指導者として編集

現役引退後も神戸製鋼に残り、監督となって指導者への道を歩み始めた。さっそく1980年モスクワオリンピック5000メートル1万メートル代表に喜多秀喜森口達也の2選手が選出される成果を出したが、日本が不参加を決定したことに伴い、教え子の五輪出場は幻に終わる。[1]

1992年には、新たに発足した天満屋岡山市)女子陸上部の監督になり、女子マラソンの指導という新天地へ向かう。その後総監督となり、1995年世界陸上競技選手権大会マラソン代表の小松ゆかり2000年シドニーオリンピックマラソン代表の山口衛里などを育てた。更に同社に市民参加のクラブチームを開設し、市民ランナーのマラソン挑戦をサポートすることにも取り組んだ[10]

また、自社の指導のみならず、日本陸連強化本部の女子長距離・マラソン部長も務め、横浜国際女子駅伝や、国際千葉駅伝など数々の大会で日本女子チームの監督を務めた。

2000年4月はサニックス陸上部副監督に就任。同部が廃部となった後は指導者の一線から身を引き、2007年には大分県九重町飯田高原[11]に妻と2人で移住した。ここは佐々木が現役時代の1966年6月に「朝日国際マラソン(現・福岡国際マラソン)強化合宿」で、日本陸上競技連盟総監督の金栗四三の指導を受けた地でもある[12]

主なマラソン成績編集

  • 自己最高記録…2時間11分17秒(1967年12月)
年月日 大会名 タイム 順位 備考
1966.2.13 別府毎日マラソン(別大毎日) 2:15:32 4位 初マラソン
1966.4.19 ボストンマラソン 2:17:24 2位 君原健二から13秒遅れの2位
1967.2.5 別府毎日マラソン(別大毎日) 2:13:38 2位 君原健二から5秒遅れの2位
1967.12.3 国際マラソン選手権(福岡国際) 2:11:17 2位 世界記録更新、日本最高記録
1968.2.4 別府毎日マラソン(別大毎日) 2:13:23 優勝 大会新記録
1968.10.20 メキシコシティーオリンピック なし 途中棄権 35kmで途中棄権
1971.2.7 別府毎日マラソン(別大毎日)
1972.12 防府読売マラソン 2:20:47 優勝[13]

上記のほか、鹿島祐徳ロードレース大会(当時は20kmレース)で第16回大会(1967年)から3連覇している。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h マラソンとともに歩んだ半世紀/佐々木精一郎”. 鳥栖市情報マガジン Nest Vol.9. 鳥栖市総務部秘書広報課 (2000年9月). 2019年10月5日閲覧。
  2. ^ 1962(昭和37)年 第13回男子大会記録”. 全国高校駅伝. 全国高校駅伝事務局. 2019年10月5日閲覧。
  3. ^ 1963(昭和38)年 第14回男子大会記録”. 全国高校駅伝. 全国高校駅伝事務局. 2019年10月5日閲覧。
  4. ^ 金栗記念・熊日30kmロードレース”. 熊本国府高等学校. 2019年10月5日閲覧。
  5. ^ 大毎ニュース 760 寺沢驚異の4連勝・別府毎日マラソン”. 放送ライブラリー. 公益財団法人 放送番組センター. 2019年10月5日閲覧。
  6. ^ 大毎ニュース 770 日本4位まで独占・ボストン・マラソン”. 放送ライブラリー. 公益財団法人 放送番組センター. 2019年10月5日閲覧。
  7. ^ この記録は1970年の第24回国際マラソン選手権(現・福岡国際マラソン)宇佐美彰朗に更新されるまでの3年間 日本最高記録であった。
  8. ^ 福岡国際マラソンプレーバック 1967 第21回大会”. 福岡国際マラソン公式サイト. 2019年10月5日閲覧。
  9. ^ 佐々木の代表選出は当確であったが、最後の3人目を君原健二と采谷義秋のどちらにするかで紛糾した。この煽りを受け選考レースや調整日程に変更が生じたことが影響したとも言われている[誰によって?]
  10. ^ 「最前線の模索」これからの女子長距離(4)佐々木精一郎(天満屋女子陸上部総監督)”. 第16回 全国都道府県対抗女子駅伝. 京都新聞社. 2019年10月5日閲覧。
  11. ^ 飯田高原・マラソンの歴史”. 大分県 九重町・玖珠町公式サイト/九重・玖珠スポーツ合宿案内. 2019年10月5日閲覧。
  12. ^ 『九重に金栗のサイン「いだてん」主役、指導者で訪問』”. 大分合同新聞 大分県内ニュース (2019年1月26日). 2019年10月5日閲覧。
  13. ^ 男子歴代上位入賞者 (PDF)”. 防府読売マラソン. 2019年10月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集