メインメニューを開く

佐伯 田公(さえき の たぎみ)は、奈良時代から平安時代初期にかけての官人播磨国造の一族で、多度郡擬大領・佐伯男足の子とする系図がある。官職多度郡少領

 
佐伯田公
Saeki no Tagimi.jpg
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
別名 善通
官位 多度郡少領
氏族 佐伯直
父母 父:佐伯男足
玉依御前または阿古屋御前[1]
鈴伎麻呂空海真雅、四男、酒麻呂、魚主、長女
テンプレートを表示

経歴編集

讃岐国多度郡豪族であったが、子の真魚(のち空海)を中央官人にするため、妻の実家である阿刀氏の一族であった阿刀大足の尽力によって、大学寮明経科に入学させる。しかし、真魚は仏門の世界に入ることとなり、田公は憤慨したという。その弁明として真魚が書いたのが、『聾瞽指帰』である。

佐伯直の一族からは、宗教家が多く輩出され、真言宗の発展を支えた。

系譜編集

  • 父:佐伯男足[2]
  • 母:不詳
  • 妻:玉依御前(または阿古屋御前) - 阿刀大足の娘(または妹)
  • 生母不明の子女
    • 三男:真雅(法光大師)(801-879)
    • 四男:
    • 男子:佐伯酒麻呂[3] - 正六位上
    • 男子:佐伯魚主[3] - 正七位下
    • 長女:

『弘法大師弟子伝』によれば、酒麻呂は書博士を務め、同族である実慧の儒学の師であったという。

    • 智泉(789?-825?) - 長女の子
    • 真然(?-891) - 四男の子
  • 親族
    • 円珍(智証大師)(814-891) - 空海の甥とされる

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 阿刀大足の娘(または妹)とも。
  2. ^ 「伴氏系図」『続群書類従』巻第182所収
  3. ^ a b c 『日本三代実録』貞観3年11月11日条

関連項目編集