阿刀氏(あとうじ、安斗氏/安刀氏/安都氏/迹氏)は、「阿刀」をの名とする氏族

阿刀氏
(安斗氏/安刀氏/安都氏/迹氏)
Ato-jinja shaden.JPG
氏神阿刀神社京都市右京区
氏姓 阿刀連
のち阿刀宿禰
始祖 饒速日命
出自 物部氏
氏祖 味饒田命
種別 神別天神
本貫 河内国渋川郡跡部郷
大阪府八尾市跡部周辺)
凡例 / Category:氏

物部氏と同祖伝承を有する神別天神)の古代氏族で、「阿刀」のち「阿刀宿禰」姓を称した。

目次

出自編集

物部氏系の史書である『先代旧事本紀』では、饒速日命(物部氏祖神)の孫・味饒田命(うましにぎたのみこと)を祖とすると伝える。

また平安時代初期、弘仁6年(815年)の『新撰姓氏録』では以下の氏族が記載されている。

  • 左京 神別 天神 阿刀宿禰 - 石上同祖。
  • 山城国 神別 天神 阿刀宿禰 - 石上朝臣同祖。饒速日命の孫・味饒田命の後。
  • 山城国 神別 天神 阿刀連 - 石上朝臣同祖。饒速日命の孫・味饒田命の後。
  • 摂津国 神別 天神 阿刀連 - 神饒速日命の後。
  • 和泉国 神別 天神 阿刀連 - 釆女臣同祖。

なお『太子伝玉林抄』所引の『新撰姓氏録』左京神別阿刀宿禰条逸文によれば、大和国城上郡椿市村(奈良県桜井市金屋)にも阿刀連があったという[1]

このように阿刀氏は物部氏(のち石上氏)と同祖伝承を有している。その氏名は物部守屋の別業があったと伝えられる阿都(のちの河内国渋川郡跡部郷、現在の大阪府八尾市跡部周辺)の地名に基づくとされる[1]。また、人物の初見が天武天皇元年(672年)であることから、その頃に物部氏から分派したという説がある[1]

歴史編集

カバネは初め「」であったが、のちに本宗氏は天武天皇13年(684年)の八色の姓制定にあたって「宿禰」を賜った[1]。ただし、8世紀以後も「連」「造」のカバネを称する枝氏も存在した[1]

居住地としては山背国愛宕郡(京都市東北部)、山背国相楽郡(京都府相楽郡)、摂津国豊島郡(大阪府豊中市池田市箕面市周辺)が知られ[1]、上記の様に『新撰姓氏録』には左京、山城国、摂津国、和泉国に居住が見られる。

史書では官人としての活躍が見られる。また、一族から空海(母は阿刀氏)を輩出した[2]

主な人物・氏族編集

人物編集

氏族編集

『新撰姓氏録』によれば、以下1氏族が阿刀氏と同祖を称している。

  • 河内国 神別 天神 積組造 - 阿刀宿禰同祖。饒速日命の子・于摩志摩治命の後。

その他の同族として、『日本三代実録』貞観4年(862年)7月条に「阿刀物部貞範」が見えるのみであるが、阿刀物部氏がある[7]

関係地編集

 
跡部神社(大阪府八尾市
  • 跡部神社(大阪府八尾市) - 河内国渋川郡の式内社。阿刀氏の氏名発祥地とみられる。
  • 阿刀神社(京都府京都市右京区) - 山城国葛野郡の式内社。阿刀氏の氏神社とされる[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『日本古代氏族人名辞典』阿刀氏項。
  2. ^ a b 『日本古代史大辞典』(大和書房)阿刀氏項。
  3. ^ 『日本古代氏族人名辞典』安斗宿禰智徳項。
  4. ^ 『日本古代氏族人名辞典』阿刀連酒主項。
  5. ^ 『日本古代氏族人名辞典』阿刀宿禰大足項。
  6. ^ 『日本古代氏族人名辞典』安都宿禰雄足項。
  7. ^ 『日本古代氏族人名辞典』阿刀物部氏項。

参考文献編集

関連項目編集