メインメニューを開く


倉地 克直(くらち かつなお、1949年 - )は、日本歴史学者岡山大学名誉教授。専攻は日本近世史民衆史

倉地 克直
(くらち かつなお)
人物情報
全名 倉地 克直(くらち かつなお)
生誕 1949年????
出身校 京都大学
学問
時代 20世紀 - 21世紀昭和平成
研究分野 日本史(近世史・民衆史)
研究機関 岡山大学
学位 文学修士京都大学・1974年)
主な受賞歴 岡山県文化賞(2013年)
テンプレートを表示

目次

概略編集

愛知県生まれ。1972年京都大学文学部国史学科を卒業。1977年大学院文学研究科国史学専攻博士課程単位取得退学。1980年岡山大学文学部講師に着任。1984年より同助教授、1997年より同教授、2007年社会文化科学研究科教授。2015年定年退任、名誉教授。

2013年度岡山県文化賞受賞。

日本近世の文化史を専攻し、なかでも近世の民衆文化を研究している。岡山大学着任後は、岡山大学附属図書館が所蔵する池田家文庫の史料を活用し、江戸時代岡山藩政史の研究にも取り組んでいる。

主な著作編集

単著編集

共編著編集

  • 『自分史の作り方:「対談」歴史学と自分史』(福山琢磨、ひろたまさきと共著、西日本法規出版、1986年
  • 『岡山県の教育史』(ひろたまさきと共編著、思文閣出版1988年
  • 『牛窓と朝鮮通信使』(牛窓町教育委員会編、1993年)
  • 『岡山藩家中諸士家譜五音寄』1-3(岡山大学文学部、1993年
  • 『性を考える:わたしたちの講義』(上野輝将、西山良平沢山美果子田中貴子、妻鹿淳子と共著、1997年
  • 『岡山県の歴史』(藤井学ほかと共著、山川出版社、2000年)
  • 『男と女の過去と未来』(沢山美果子と共編、世界思想社2000年
  • 『働くこととジェンダー』(沢山美果子と共編、世界思想社、2008年
  • 『絵図で歩く倉敷のまち』(監修、山本太郎、吉原睦共著、吉備人出版、2011年
  • 『[第2版]岡山県の歴史』(藤井学ほかと共著、山川出版社、2012年

外部リンク編集