倉田 秀也(くらた ひでや、1961年 - )は、日本国際政治学者防衛大学校人文社会科学群教授。専門は、国際関係論朝鮮半島政治外交・核不拡散体制論。

倉田 秀也
国籍 日本国
研究分野 国際政治学
研究機関 防衛大学校
出身校 慶應義塾大学学士修士
博士課程
指導教員
小此木政夫
影響を
受けた人物
小此木政夫
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

研究歴編集

著書編集

共編著編集

共著(部分執筆)編集

  • 渡辺利夫・玉城素編『北朝鮮――崩落か、サバイバルか』(サイマル出版会, 1993年)
  • 岡部達味編『ポスト冷戦のアジア太平洋』(日本国際問題研究所, 1993年)
  • 小此木政夫編『ポスト冷戦の朝鮮半島』(日本国際問題研究所, 1994年)
  • 岡部達味編『アジア政治の未来と日本』(勁草書房, 1995年)
  • 横手慎二富田広士編『地域研究と現代の国家』(慶應義塾大学出版会, 1998年)
  • 小此木政夫編『金正日時代の北朝鮮』(日本国際問題研究所, 1999年)
  • 小此木政夫・文正仁編『日韓共同研究叢書(4)市場・国家・国際体制』、(慶應義塾大学出版会, 2001年)
  • 田久保忠衛平松茂雄斎藤元秀編『テロの時代と新世界秩序』(時事通信社, 2002年)
  • 森本敏編『ミサイル防衛』(日本国際問題研究所, 2002年)
  • 森本敏編『アジア・太平洋の多国間安全保障』(日本国際問題研究所, 2003年)
  • 黒沢満編『大量破壊兵器の軍縮論』(信山社出版, 2004年)
  • 河野武司・岩崎正洋編『利益誘導政治――国際比較とメカニズム』(芦書房, 2004年)
  • 山本武彦天児慧編『東アジア共同体の構築(1)新たな地域形成』(岩波書店, 2007年)
  • 高木誠一郎編『米中関係』(日本国際問題研究所, 2007年)
  • 浅田正彦・戸崎洋史編『核軍縮不拡散の法と政治』(信山社出版, 2008年)

訳書編集

外部リンク編集