メインメニューを開く

備中鉄道部(びっちゅうてつどうぶ)は、岡山県新見市にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道部の一つである。

概要編集

ローカル線の活性化と効率的な鉄道運営ができるように1991年4月1日から鉄道部制度を導入し、岡山県西部のローカル線を当鉄道部が運営するように改められた[1]

新見駅構内にあり、岡山支社が管轄していたが、のちに廃止された。

所属車両編集

所属車両はなく、新見駅構内に新見運輸センターとして車両基地が設けられていた[2]

乗務員編集

  • 車掌
    • 伯備線:倉敷駅 - 新郷駅間
    • 山陽本線:岡山駅 - 倉敷駅間
  • 運転士
    • 姫新線:津山駅 - 新見駅間
    • 山陽本線:岡山駅 - 倉敷駅間
    • 伯備線:倉敷駅 - 新郷駅間
    • 芸備線:備中神代駅 - 備後落合駅間

歴史編集

  • 1991年(平成3年)4月1日:鉄道部制度に伴い、第2次鉄道部として発足[1]
  • 2008年(平成20年)6月1日:鉄道部制見直しに伴い、備中鉄道部が廃止され、岡山支社の直轄になる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『JR気動車客車編成表 '92年版』ジェー・アール・アール、1992年。ISBN 4-88283-113-9
  2. ^ 川島令三『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線 (4) 兵庫西部・岡山エリア』講談社、2012年。ISBN 978-4-06-295154-8