元 均(げん きん、478年 - 529年)は、北魏皇族は世平。

経歴編集

淮南王元顕(拓跋他の子の拓跋吐万の子)の次男として生まれた。20歳になる前に員外散騎侍郎の位を受けた。関右大使をつとめ、洛陽に帰ると、員外散騎常侍・寧朔将軍となった。ほどなく冠軍将軍の号を受けた。関中大都督として出向し、成績を孝荘帝に賞賛されて通直散騎常侍・征虜将軍に進んだ。河梁で孝荘帝を迎えた功績により、安康県開国伯に封じられ、散騎常侍・平東将軍の位を加えられた。529年永安2年)6月21日、洛陽の邸で死去した。享年は52。使持節・征東将軍・青州刺史の位を追贈された。孝武帝のとき、さらに驃騎大将軍・儀同三司冀州刺史の位を贈られた。

妻子編集

編集

編集

  • 元忻之(長子)
  • 元慶鸞(東魏武定末年に司徒諮議参軍)
  • 元慶哲(司農少卿)

伝記資料編集

  • 魏書』巻16 列伝第4
  • 王諱均墓誌(元均墓誌)