元 斌之(げん ひんし、生没年不詳)は、北魏西魏皇族。潁川王。は子爽。

経歴編集

北魏の安楽王元詮の子として生まれた。527年孝昌3年)、東郡の趙顕徳の反乱軍を討ち、これを斬った。この年、兄の安楽王元鑑とともに相州葛栄に下った。北魏の都督の源子邕に夜襲を仕掛けたが、敗れて葛栄のもとに逃れた。葛栄が滅ぶと、北魏に戻った。534年永熙3年)2月、潁川郡王に封じられた。7月、高歓洛陽に迫ると、斌之は孝武帝の命により、斛斯椿虎牢に駐屯した。しかし斌之は軍権をめぐって斛斯椿と争ったため、高歓の進軍を阻むことができなかった。孝武帝は関中に向かい、斌之は成皋で高歓と戦って敗れ、南朝梁に亡命した。536年大統2年)、長安に入り、西魏に帰順した。尚書令に上った。後に死去すると、太尉の位を追贈された。は武襄といった。

残された妻の宋氏は東魏高澄の側妻となり、北斉の河南王高孝瑜を産んだ。

伝記資料編集