光前寺

光前寺(こうぜんじ)は、長野県駒ヶ根市にある天台宗の別格本山の寺院である。山号は宝積山(ほうしゃくさん)。院号は無動院。本尊は不動明王で秘仏。天台宗信濃五山(戸隠山顕光寺善光寺更科八幡神宮寺・津金寺・光前寺)のひとつに数えられた。1967年昭和42年)、庭園が国の名勝に指定された。また、霊犬早太郎説話でも知られている。

光前寺
Kouzenji 2.JPG
本堂
所在地 長野県駒ヶ根市赤穂29番地
位置 北緯35度44分5.45秒 東経137度53分43.58秒 / 北緯35.7348472度 東経137.8954389度 / 35.7348472; 137.8954389座標: 北緯35度44分5.45秒 東経137度53分43.58秒 / 北緯35.7348472度 東経137.8954389度 / 35.7348472; 137.8954389
山号 宝積山
宗派 天台宗
寺格 別格本山
本尊 不動明王
創建年 貞観2年(860年
開基 本聖
正式名 宝積山 無動院 光前寺
札所等 信濃五大寺
伊那七福神(弁財天
文化財 弁天堂(国の重要文化財)
国の名勝
法人番号 6100005009054
テンプレートを表示
仁王門
光前寺の枝垂桜

目次

歴史編集

円仁の弟子、本聖の開基と伝わるが、古記録は武田勝頼織田信忠との戦いなど数々の罹災により失われた。貞観2年(860年)創建時は現在より200メートル木曽山脈寄りのところにあったらしい。天正慶長のころには武田氏羽柴氏などの庇護を受け、また、佐久郡諏訪郡にまでその寺領を広げた時期もあったという。江戸時代には、徳川家光から朱印地60石を受けた。明治に入り塔頭末寺の多くを廃されてしまった。

早太郎説話編集

この説話は、当寺や、その他各地で語られているものであるが、その内容は類型的である。また、早太郎の名は、伝わる地方により異なり、遠江国では悉平太郎(しっぺいたろう)という。駒ヶ根でも、疾風太郎(しっぷうたろう)という別名が伝わっている。

昔、光前寺に早太郎というたいへん強い山犬が飼われていた。その頃、遠江の見附村では、毎年田畑が荒らされ、その被害に困った村人は矢奈比売神社の祭りの夜に村の娘を人身御供として神様に差出し、これを鎮めていた。

延慶元年(1308年)8月、この地を旅の僧侶が通りかかり、神様がそんな悪いことをするはずがないと祭りの夜にその正体を確かめると、現れた怪物が「信州の早太郎おるまいな、早太郎には知られるな」と言いながら娘をさらっていった。僧侶は、早速信濃へ行き、光前寺で早太郎を探し出し和尚から借受けた。そして次の祭りの日、早太郎は娘の身代わりとなって怪物(老ヒヒ)と戦い、見事退治した。

戦いで深い傷を負った早太郎は、光前寺までたどり着くと和尚にひと吠えして息をひきとったと言われている。 早太郎を借り受けた僧侶は、早太郎の供養のために大般若経を光前寺に奉納した。これは寺宝として経蔵に保管されている。また、本堂の横に早太郎の墓がまつられている。

この話は「猿神退治」として、まんが日本昔ばなしの昭和51年7月31日放送分でアニメ化されている。

遠江国見附村は、現在の静岡県磐田市見付である。この話が縁となり、 1967年昭和42年)1月12日から駒ヶ根市と磐田市は友好都市関係となっている。

伽藍編集

光前寺は杉の林の中にあり、樹齢数百年の巨木も多い。蘭渓道隆式池泉庭園や築山式枯山水、築山式池泉庭園と三つの庭園があり、さらにはヒカリゴケが自生している。境内全域が、「光前寺庭園」の名で名勝に指定されている。

  • 本堂 - 嘉永4年(1851年)に再建されたもの。
  • 三門 - 嘉永元年(1848年)に再建されたもの。上層に十六羅漢を祀る。
  • 弁天堂 - 室町時代に建てられたもの。入母屋造重要文化財。内部に弁財天十五童子を安置する。
  • 経蔵 - 享和2年(1802年)に建てられたもの。入母屋造妻入り、唐破風向拝付き。旅僧が奉納した大般若経が所蔵されている。
  • 三重塔 - 文化5年(1808年)に再建された、約17メートルの塔。長野県宝
  • 仁王門 - 安置されている金剛力士(仁王)像は大永8年(1528年)に作られたもので、駒ヶ根市の有形文化財に指定されている。
  • 賽の河原 - 三重塔南にある。30体以上の地蔵菩薩像が並ぶ。

年中行事編集

  • 1月中旬 - 厄除祈願祭
  • 1月28日 - 初不動
  • 4月29日 - 例大祭

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集