穂高連峰と河童橋。この写真の組合せは上高地を代表する構図となっている。

上高地(かみこうち)とは、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地である。中部山岳国立公園の一部ともなっており、国の文化財特別名勝特別天然記念物)に指定されている。標高約1,500m。全域が松本市に属する。「かみこうち」の名称は本来「神垣内」の漢字表記だが、後に現在の「上高地」の漢字表記が一般的となった。「神垣内」とは、穂高神社の祭神・「穂高見命」(ほたかみのみこと)が穂高岳に降臨し、この地(穂高神社奥宮と明神池)で祀られていることに由来する。

温泉があり、穂高連峰槍ヶ岳の登山基地ともなっている。

目次

概要編集

 
奥穂高岳山頂から見下ろす梓川上流部の上高地と大正池
 
上高地の概略図

上高地は、飛騨山脈(北アルプス)の谷間(梓川)にある、大正池から横尾までの前後約10km、幅最大約1kmの堆積平野である。かつて岐阜県側に流れていた梓川が焼岳火山群の白谷山の噴火活動によってせき止められ池が生じ、そこに土砂が堆積して生まれたと考えられている。狭義にはこの平野のうち、観光名所として知られる河童橋の周辺だけを指す場合もある。この高度でこれほどの広さの平坦地は、日本では他に例が少ない。

気候的に山地帯(落葉広葉樹林帯)と亜高山帯針葉樹林の境界線付近の高度に位置しているため、ブナミズナラシナノキウラジロモミシラビソトウヒなど、両者の森林の要素が混在し、更にヤナギ類やカラマツを中心とする河川林や湿原が広がるなど、豊かな植生で知られている。最終氷期(ウルム氷期)には、上高地の上部に位置する槍沢と涸沢には山岳氷河が発達し、もっとも拡大した時期には氷河末端が上高地最深部の横尾にまで達していたと考えられている。現在[いつ?]も氷河によって形成されたカール地形が残っている。気候は亜寒帯湿潤気候(一部地域はツンドラ気候)である。1月の平均気温は-7.7最低気温は-30℃を下回り非常に寒さが厳しく日中の最高気温でも-20℃を下回ることがある。一方、8月の平均気温は19.7℃で日中でも22℃ほどにしかならず夏季はかなり涼しい。一部で最暖月の平均気温が10℃に到達せずツンドラ気候となっている地域がある。

人間史編集

生息生物編集

梓川や大正池には渡りをしないマガモが住んでおり、ほとんどの個体は人を恐れない。ニホンザルも通年住んでおり、冬季は下北半島の北限ニホンザルよりも厳しい条件である当地で越冬する。

外来種編集

もともと梓川や大正池にはイワナ優占種として生息していたが、1925年以降カワマスブラウントラウトが放流された。現在ではイワナとカワマス、ブラウントラウトの純粋種の他に、放流された3魚種の自然交雑種が生息し、イワナは優占種では無くなった[1]。ただし、自然交雑種のF1(雑種第1代)雑種強勢の特長が現れるが、戻し交配を含むF2(雑種第2代)は雑種崩壊により生存性と繁殖力が極端に弱く、イワナ純粋種は存続すると見られている[2]

上高地に生息するゲンジボタルが、人為的に持ち込まれた可能性が高いと、安曇野市が2010年11日に長野市で開いた研究会で民間の自然環境調査団体が発表した。ゲンジボタルは2000年ごろから梓川沿いの池で確認されるようになり、上高地の水温は年間通して10度以下で、ホタルの成育に適さないが、この池は温泉の影響で水温が高く、餌となるカワニナも生息しており、ホタルが増殖する条件が整っていた。遺伝子解析の結果、すべて西日本に生息するゲンジボタルが起源の遺伝子であった[3][4]

植物編集

名所編集

主な施設編集

温泉編集

周辺の主な山編集

山容 山名 標高
(m)
三角点
等級
備考
  穂高岳 3,190 日本百名山
3,090m(一等三角点・前穂高岳)
  槍ヶ岳 3,180 日本百名山
  焼岳 2,455 二等 日本百名山活火山
  蝶ヶ岳 2,677 2,664m(三等三角点)
  常念岳 2,857 日本百名山
2,662m(一等三角点・前常念岳)
  霞沢岳 2,646 二等 日本二百名山

飛騨山脈(北アルプス)の主な山は、飛騨山脈を参照。

交通・アクセス編集

道路は、松本市街や岐阜県高山市の方面に国道158号がある。なお、一部地図では通行可能に見える上高地乗鞍スーパー林道白骨温泉 - 安房峠間は、2003年の雪崩に伴う橋梁等の流失により閉鎖されており通行できない。

かつて、岐阜県側からのルートは、国道158号安房峠を経た九十九折りの狭い峠道を大型観光バスが離合する難所であったため、行楽シーズンには大渋滞を引き起こし、また晩秋から春にかけては積雪のために冬季閉鎖されていた。1997年(平成9年)に安房峠道路安房トンネル)が完成して交通難が解消されると同時に、高山側から中ノ湯への通年アクセスが可能になった。

公共交通機関編集

 
上高地への足・アルピコ交通上高地線の電車
 
上高地バスターミナル。左奥は情報発信施設である上高地インフォメーションセンター。
松本駅から
上高地・乗鞍高原白骨温泉方面へは、アルピコ交通より各種企画乗車券が発売されている。
高山駅から
長野駅から
新宿駅から
東京駅から
渋谷駅・二子玉川駅から
大宮駅・川越駅から
名古屋駅から
大阪駅・京都駅から

マイカー利用編集

中ノ湯から上高地へ向かう長野県道24号上高地公園線は、通年でマイカー規制が行われているため、一般車は通行できない。一般車は、長野県側の沢渡(さわんど)駐車場か岐阜県側の平湯温泉に近いアカンダナ駐車場に車を止め、シャトルバスタクシーを利用して上高地バスターミナルへ向かう。観光バスやマイクロバスは乗り入れ可能であるが、土曜・日曜を中心とした特定日(2016年は7〜10月の25日間)は、沢渡(さわんど、長野県側)か平湯(岐阜県側)でシャトルバスに乗換が必要となり[5][6]、路線バス、タクシー、緊急車両のみ通行可。上高地への入口には民間の警備員がおり、一般車両の誤進入に備えている。

その他編集

軽車両である自転車で行くことも可能とのこと[7]。また、照明と歩道を完備した新釜トンネル開通後は、下記記載の冬季閉鎖期間中含め、徒歩でも上高地に入ることが可能で、バスがない時期でも積雪期の上高地に徒歩で入る人が増えている。ただ、中の湯には一般向けの駐車場が存在しないため、中の湯までは、タクシー、松本-高山の路線バス、中の湯温泉旅館に宿泊して旅館の駐車場を利用、の、いずれかの方法が使われる。また、釜トンネル内は傾斜が10度以上の急勾配であるため、自転車や徒歩ではやや難しい。

冬期閉鎖
中ノ湯から上高地までの間(長野県道24号上高地公園線釜トンネル手前から奥の区間)は冬季(例年11月16日から翌4月16日だが、積雪状況により前後する)閉鎖されている。(徒歩では入山可能)
夜間通行禁止
中ノ湯から上高地までの間(長野県道24号上高地公園線の釜トンネル手前から奥の区間)は、夜間緊急車両以外の通行が禁止されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ モルフォメトリーによるイワナ・カワマス間の種判別 (PDF)
  2. ^ 近縁外来種との交雑による在来種絶滅のメカニズム 三重大学大学院生物資源学研究科 水圏資源生物学研究室
  3. ^ "上高地にホタル移入か 規制区域で「生態系に影響」懸念" 中日新聞 CHUNICHI Web 2010年12月11日 23時11分版を閲覧
  4. ^ 日和佳政・大畑優紀子・草桶秀夫・井口豊・三石 暉弥(2010)遺伝子解析による移植されたゲンジボタルの移植元判別法.全国ホタル研究会誌 43: 27-32.
  5. ^ 上高地マイカー規制 - アルプス観光協会
  6. ^ 上高地・乗鞍地区 - さわんど駐車場〜上高地シャトルバス - アルピコ交通
  7. ^ http://yamaiga.com/tunnel/kama/main1.html

関連項目編集

外部リンク編集