木曽山脈(きそさんみゃく)は、本州の中央部を長野県木曽谷伊那谷に跨って南北に連なる山脈。通称中央アルプス木曽川天竜川に挟まれた山脈であり、飛騨山脈(北アルプス)、赤石山脈(南アルプス)と共に日本アルプスと呼ばれる事もある。

木曽山脈

20101130木曽山脈.jpg
南北に細長い木曽山脈 (東南東からの空撮)
手前は伊那谷、遠景は御嶽山飛騨山脈


木曽山脈のCG画像
木曽山脈(CG
所在地 日本の旗 日本 長野県岐阜県愛知県
位置
最高峰 木曽駒ヶ岳 (2,956m)
延長 65km
15km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

地形編集

木曽山脈は飛騨山脈や赤石山脈とは違い、3,000m級の山が存在せず、山列も単純な一列で東西の厚みがない。その意味では飛騨山脈・赤石山脈に比べて山脈の規模は大きく劣る。南は三河高原へと連なっている。最高峰は木曽駒ヶ岳の2,956mで、長野県歌「信濃の国」の歌詞にも出てくる。

木曽駒ヶ岳以北は中古生層である砂岩頁岩石灰岩といった岩石で構成されるが、それより南は花崗岩となっており、木曽山脈は花崗岩の山脈であると言っても過言ではない。

木曽山脈の主稜線は、三河高原、尾張丘陵及び知多丘陵を経て知多半島最南端の羽豆岬まで連なっている。 また、その尾根に沿って、木曽山脈西側を流れる木曽川から取水している、愛知用水が流れている。

木曽山脈のは深く、八百八谷と言われている。流れ出た川は与田切川太田切川など○○田切川といった名前が多い。これらの川が谷幅が広がった地域に出ると土砂を堆積させ、扇状地を形成した。その後断層活動と河川の浸食作用によって扇状地は左右に分断され、川底は深く切れ込んでいる。この地形を田切地形と読んでいる。田切地形の中を流れる川だから○○田切川と名付けられたのであるが、成因から言うと逆である。伊那地方の天竜川の支流に多く見られる。

木曽山脈の範囲編集

木曽山脈の範囲については諸説あり、最も広い範囲は経ヶ岳から大川入山とする考え方で全長約65kmになる。狭くみると大棚入山(又は権兵衛峠)から摺古木山(又は大平峠)までの約35kmとする意見もある。そのほか南の範囲を恵那山までとする有力な説もある。また、更に南西に延ばし、矢作川水系の上村川を越えて三国山までとする考えもある。

木曽山脈と御嶽山との間には、日本の代表河川である木曽川が流れており、御嶽山は明らかに木曽山脈の山ではないが、登山ガイドブック等で木曽山脈の情報量が少ないために、便宜上、御嶽山を木曽山脈と共に掲載している例が多々見受けられる。本来は「中央アルプス(木曽山脈)・御嶽山」と題して紹介されるべきであるが、単に「中央アルプス(木曽山脈)」と題されているガイドブックも多いため、御嶽山及びその周辺の御嶽山系を木曽山脈の一部の山であると誤認している人もいる。

国立公園に指定されていない編集

飛騨山脈は中部山岳国立公園に、赤石山脈は南アルプス国立公園に指定され、国立公園として自然の保全が図られているが、木曽山脈は国定公園にさえ指定されていない[1]。隣の御嶽山も同様の扱いで、これは木曽ヒノキを主とする林業に配慮したものである。ただしその下のレベルでは、中央アルプス県立自然公園として長野県の県立自然公園には指定されている[2]。また、南部の恵那山の岐阜県側は、胞山県立自然公園に指定されている。

植生編集

木曽駒ヶ岳の濃ヶ池、宝剣岳千畳敷カールと極楽平、三ノ沢岳南駒ヶ岳摺鉢窪カールなど東面に圏谷(カール)が広がる[3]。その圏谷は、大規模な高山植物の群生地となっている。飛騨山脈や赤石山脈と同様、海抜1,500-1,600m前後までが山地帯(落葉広葉樹林)、1,500-1,600mから2,500m前後までが亜高山地帯(亜高山帯針葉樹林)、それ以上が森林限界ハイマツ帯・高山植生となっている。昭和30年代までは、木曽駒ヶ岳から空木岳にかけてのハイマツ帯にはライチョウが生息が確認されていたが、その後、木曽山脈からは絶滅したとされている[4]将棊頭山から仙涯嶺にかけての稜線には[5]、木曽山脈の高山帯の固有種であるコマウスユキソウが自生している[6]

     
コマウスユキソウ
(木曽駒ヶ岳の固有種)
シナノキンバイハクサンイチゲ
千畳敷カールの高山植物
コバイケイソウとシナノキンバイ
摺鉢窪カールのお花畑

登山と観光編集

江戸時代には山岳信仰の対象となっていた木曽駒ヶ岳は、1891年明治24年)にウォルター・ウェストンが登頂してから近代登山が始まった [7]。木曽駒ヶ岳山頂周辺に山小屋が建設され登山道が整備され、昭和に入ると登山者が増加した[3]1967年(昭和42年)7月に、駒ヶ岳ロープウェイ開通に伴い、ロープウェイの終点の千畳敷や木曽駒ヶ岳に多くの登山者や観光客が訪れるようになった[8]越百山より北側には登山シーズン中に営業を行う有人の山小屋がある。登山道上にあるキャンプ指定地は、駒ヶ岳頂上山荘の1箇所のみである[3]。越百山より南部は、有人の山小屋なく無人の避難小屋があるが、北部と比べて訪れる登山者は少ない。

木曽山脈の山編集

 
仙丈ヶ岳から望む木曽山脈
 
小秀山から望む木曽山脈
 
厳冬の木曽山脈
宝剣岳(左)と千畳敷カール

主稜線の主な山編集

山容 名称 標高
m
三角点
等級
木曽駒ヶ岳からの
方角と距離km
備考
  経ヶ岳 2,296.25  二等  北 14.7 日本二百名山
  大棚入山 2,375.21  二等  北 6.5
  将棊頭山 2,730  北東 2.9 西駒山荘
  木曽駒ヶ岳 2,955.95  一等[9]   0 木曽山脈の最高峰
日本百名山
  宝剣岳 2,931  南南東 1.0
  三ノ沢岳 2,846.48  三等  南南西 2.7
  檜尾岳 2,727.74  三等  南 4.3
  熊沢岳 2,778  南 5.6
  東川岳 2,671  南 7.1 ひがしかわだけ
  空木岳 2,863.71  二等  南 7.9 日本百名山
  赤椰岳 2,798  南 9.3 あかなぎだけ
  南駒ヶ岳 2,841  南 9.8 日本二百名山
  仙涯嶺 2,734  南 10.8 せんがいれい
  越百山 2,613.24  三等  南 12.2 日本三百名山
  奥念丈岳 2,303  南 14.8
  安平路山 2,363.14  三等  南 17.9 日本二百名山
  摺古木山 2,168.52  一等  南南西 20.5
  兀岳 1,636.16  三等  南南西 27.8
  恵那山 2,191 (一等)
(2,189.81
 南南西 42.9 日本百名山
  大川入山 1,907.74  二等  南南西 47.5

前衛の山 (木曽)編集

山容 名称 標高
m
三角点
等級
木曽駒ヶ岳からの
方角と距離km
備考
  風越山 (木曽) 1,698.50  二等  西南西 6.3
  糸瀬山 1,866.55  二等  南西 11.1
  南木曽岳 1,679 (二等)
(1,676.93)
 南西 26.3 日本三百名山

前衛の山 (伊那)編集

山容 名称 標高
m
三角点
等級
木曽駒ヶ岳からの
方角と距離km
備考
  烏帽子岳 2,194.47  二等  南 15.3
  念丈岳 2,290.65  三等  南 15.7
  風越山 (伊那) 1,535.08  二等  南 26.7

地理編集

編集

以下のは、木曽川水系と天竜川水系との分水嶺となっている。

山脈を貫くトンネル編集

 
恵那山トンネル(上り線坑口)

以下の山脈を貫く大規模なトンネルがある。

スキー場編集

以下のスキー場が山麓や山上にある。

関連画像編集

木曽山脈の風景編集

       
木曽山脈南部と飯田市
上空から望む
宝剣岳と千畳敷カール
陣馬形山から望む
千畳敷カール
千畳敷駅方面から望む
木曽山脈主稜線
池山尾根から望む

パノラマの風景編集

恵那山風穴山摺古木山安平路山浦川山念丈岳奥念丈岳南越百山越百山仙涯嶺南駒ヶ岳赤椰岳摺鉢窪カール空木平カール千畳敷カール空木岳熊沢岳檜尾岳三ノ沢岳宝剣岳木曽駒ヶ岳将棊頭山大棚入山乗鞍岳乗鞍高原十石山焼岳経ヶ岳抜戸岳穂高岳槍ヶ岳槍ヶ岳野口五郎岳大天井岳立山剱岳針ノ木岳蓮華岳鹿島槍ヶ岳五竜岳白馬岳北アルプス(飛騨山脈)中央アルプス(木曽山脈)穂高連峰後立山連峰乗鞍岳 
赤石山脈・三伏山山頂から見た木曽山脈と飛騨山脈の山々(2012年8月撮影)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国立公園 環境省、2010年1月1日閲覧。
  2. ^ 長野県の自然公園・県自然環境保全地域等の位置 (PDF)”. 長野県 (2009年4月1日). 2012年1月20日閲覧。
  3. ^ a b c 『ヤマケイアルペンガイド 中央アルプス』 山と溪谷社、2000年、ISBN 4-635-01359-6
  4. ^ 『日本の山1000』 山と溪谷社、1992年、ISBN 4-635-09025-6、p433
  5. ^ 『高山に咲く花』 山と溪谷社、2002年、ISBN 4-635-07008-5、p21
  6. ^ 『日本の高山植物』 山と溪谷社、1988年、ISBN 4-635-09019-1、p74
  7. ^ 『日本アルプスの登山と探検』 ウォルター・ウェストン(著)、 青木枝朗訳、岩波文庫、1997年、ISBN 4-00-334741-2、p397
  8. ^ 中央アルプス・木曽駒ヶ岳ロープウェイ 中央アルプス観光、2011年1月1日閲覧。
  9. ^ 基準点成果等閲覧サービス 国土地理院、2011年1月1日閲覧。

関連図書編集

関連項目編集

外部リンク編集