児童福祉法

日本の法律

児童福祉法(じどうふくしほう)は、児童福祉を担当する公的機関の組織や、各種施設及び事業に関する基本原則を定める日本法律である。社会福祉六法の1つ。法令番号は昭和22年法律第164号、1947年(昭和22年)12月12日に公布された。

児童福祉法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和22年法律第164号
種類 社会保障法
効力 現行法
主な内容 児童福祉
関連法令 社会福祉法成育基本法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

施行に伴い、既存の児童福祉目的の法律である児童虐待防止法(昭和8年法律第40号)及び少年教護法(昭和8年法律第55号)は廃止され、その趣旨は本法に吸収された。

構成編集

  • 第1章 - 総則(1~18条の24)
  • 第2章 - 福祉の保障(19~34条の2)
  • 第3章 - 事業および施設(34条の3~49条)
  • 第4章 - 費用(49条の2~56条の5)
  • 第5章 - 国民健康保険団体連合会の児童福祉法関係業務(第56条の5の2~第56条の5の4)
  • 第6章 - 審査請求(第56条の5の5)
  • 第7章 - 雑則(56条の6~59条の8)
  • 第8章 - 罰則(第60条~第62条の7)

根拠とする事業編集

関連項目編集

資格等
法令

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集