全国中等学校優勝野球京浜大会

全国中等学校優勝野球京浜大会(ぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうけいひんたいかい)1918年の第4回大会から1922年の第8回大会まで行われた全国中等学校優勝野球大会の京浜地区(東京都神奈川県)の予選大会である。

概要編集

1916年の第2回大会に茨城・東京・神奈川の3府県の代表校が参加し、初めて関東大会が開催された。2年後の1918年から東京と神奈川は関東大会から離脱し京浜大会を編成した。 京浜大会は1922年の第8回大会まで5年間開催されたが、翌1923年より東京は1府1代表となり東京大会、神奈川は静岡とともに神静大会をそれぞれ新設した為、京浜大会は消滅した。

歴代代表校編集

年度 参加地域 参加校 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
1918年(第4回大会 東京・神奈川 16校 慶應普通部(3年連続3回目) 4-1 横浜商 (中止)
1919年(第5回大会 16校 慶應普通部(4年連続4回目) 6-4 早稲田実 ベスト8
1920年(第6回大会 16校 慶應普通部(5年連続5回目) 9-6 横浜商 準優勝
1921年(第7回大会 16校 慶應普通部(6年連続6回目) 2-0 東高師付中 2回戦(初戦)
1922年(第8回大会 8校 早稲田実(7年ぶり2回目) 6-0 横浜貿易 1回戦

学校別優勝回数編集

脚注編集

関連項目編集