第4回全国中等学校優勝野球大会

第4回全国中等学校優勝野球大会(だい4かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1918年8月14日から鳴尾球場で開催予定だった全国中等学校優勝野球大会である。

日本の旗 第4回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1918年8月14日(予定) - 米騒動により中止
出場校 14校
参加校数 137校
試合数 13(予定)試合
 < 19171919 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

概要編集

8月9日に全代表が決定し、出場14校は鳴尾に集合済みで、13日には組合せ抽選会も開いていた。代表校には前年優勝の愛知一中や前年準優勝の関西学院中、第1回大会優勝の京都二中、第2回大会優勝の慶応普通部などが決定していた。本大会は8月3日富山県魚津町から全国に広がった米騒動により、14日に延期との朝日新聞社社告を出し、16日に中止となった。

朝日新聞社は13日から16日までの4日間の参加費用を一切負担した。優勝旗は前年優勝校の愛知一中がそのまま持ち帰った。これらの学校は実際には行われなかった第4回大会分も出場回数に加えられている。なお、大阪府北野中の校庭を球場として非公開開催をする案も浮上していた。戦争激化以外で夏の大会が中止となったのは、新型コロナウイルス感染症の流行により中止となった2020年第102回全国高等学校野球選手権大会まで唯一の事例だった[1]

代表校編集

地方大会 代表校 出場回数
東北 一関中 2年ぶり2回目
関東 竜ヶ崎中 初出場
京浜 慶応普通部 3年連続3回目
東海 愛知一中 2年連続2回目
北陸 長岡中 初出場
甲信 長野師範 3年連続3回目
京津 京都二中 2年ぶり3回目
大阪 市岡中 2年ぶり2回目
兵庫 関西学院中 3年連続3回目
紀和 和歌山中 4年連続4回目
山陽 広島商 3年連続3回目
山陰 鳥取中 2年ぶり3回目
四国 今治中 初出場
九州 中学明善 2年ぶり2回目

組み合わせ編集

1回戦編集

  • 広島商 - 慶応普通部
  • 中学明善 - 和歌山中
  • 長野師範 - 関西学院中
  • 今治中 - 京都二中
  • 愛知一中 - 鳥取中
  • 長岡中 - 一関中
  • 市岡中 - 竜ヶ崎中

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 同年の第92回選抜高等学校野球大会も同じく新型コロナウイルス感染症の流行により中止となっている。

外部リンク編集