メインメニューを開く

八尾市立大正中学校

八尾市立大正中学校(やおしりつ たいしょうちゅうがっこう)は、大阪府八尾市西木の本にある公立中学校

八尾市立大正中学校
八尾市立大正中学校01.JPG
過去の名称 大正村立中学校
国公私立 公立学校
設置者 八尾市
設立年月日 1947年
創立記念日 4月21日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 581-0045
大阪府八尾市西木の本3-83
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

八尾市南西部を校区としている。当時の中河内郡大正村に1947年に創立した。学校は旧大阪陸軍航空廠跡地に位置している。

目次

沿革編集

  • 1947年4月1日 - 中河内郡大正村立中学校として創立。大正村立小学校(現在の八尾市立大正小学校)敷地内に併設。
  • 1948年4月1日 - 大正村が合併で八尾市となったことに伴い、八尾市立大正中学校に改称。
  • 1949年4月9日 - 八尾市大字木本264番地(当時の住所表示)・旧大阪陸軍航空廠跡建物に移転。
  • 1952年7月21日 - 同地に新校舎が完成、移転。

通学区域編集

著名な出身者編集

交通編集

事故編集

2015年9月27日に行われた体育大会で、組体操10段ピラミッドが崩れ、下から6段目の男子生徒が右腕を骨折した[1]。 また2014年度の体育大会でも組体操10段ピラミッドが崩れ1人が右足首を骨折したほか、練習でも、3人が骨折していたことがわかった[2]。この取材会見にて同校校長は事故に対する認識の低さがあった事を認め、実施については「今後、検討する」と答えた[3]。後、校長は「(成功時の)喜びを子どもたちに味わわせたいと思って、ことしもやることを決定しました」と話した。 校長は、2016年は、ピラミッドを行わないことも検討すると話している。[4]

八尾市運動会・体育大会における組立体操事故検証委員会報告書(※PDF)平成28年2月 八尾市運動会・体育大会における組立体操事故検証委員会

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集