近鉄バス株式会社(きんてつバス)は、大阪府京都府を営業地域としてバス事業を行う日本会社である。1999年5月6日に会社設立、同年10月1日近畿日本鉄道(現:近鉄グループホールディングス)から乗合バス事業等を継承して営業開始した。

近鉄バス株式会社
Kintetsu Bus Co., Ltd.
Kintetsu Bus Co., Ltd. Logo.gif
Kintetsu Bus Hibrid.jpg
一般路線車
Kintetsubus-aeroking-selega-20070930.jpg
長距離高速車
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
577-0801
大阪府東大阪市小阪一丁目7番1号
小阪第5近鉄ビル4階
設立 1999年5月6日
業種 陸運業
法人番号 9122001001782 ウィキデータを編集
事業内容 乗合バス事業、貸切バス事業など
代表者 代表取締役社長 塩川 耕士
資本金 1億円
従業員数 904人
決算期 毎年3月31日
主要株主 近鉄バスホールディングス株式会社100%
外部リンク https://www.kintetsu-bus.co.jp/
特記事項:近鉄グループホールディングスの連結子会社。
1999年10月1日、近畿日本鉄道から乗合自動車業等を譲受し営業開始。
2006年9月1日に近鉄観光バス株式会社を吸収合併。
テンプレートを表示

2006年9月1日に近鉄観光バスを合併して貸切バス事業を継承した。近鉄グループホールディングスの連結子会社である中間持株会社近鉄バスホールディングス完全子会社

概要編集

1929年昭和4年)5月25日近畿日本鉄道の前身である大阪電気軌道がバス事業を開始、「奈良春日奥山周遊線」を運行開始[1]。実質的には定期観光バスの形態であった[1]。奈良春日奥山周遊線は1938年9月に奈良自動車(現・奈良交通)へ譲渡された[1]。これが現在の近鉄バスにつながる事業のルーツとなった。

一般路線バスの運行エリアは、大阪府内の近畿日本鉄道(南大阪線大阪線奈良線)、西日本旅客鉄道(JR西日本)の片町線(学研都市線)・関西本線大和路線)・東海道本線JR京都線)、阪急電鉄京都線沿線を中心とした河内(中河内・南河内)・北摂地域東南部である。近鉄沿線から遠く離れた阪急京都線沿線にも路線を持つ理由は、1965年7月1日に茨木バスを買収した経緯を持つためである。その他、京都市伏見区奈良県三郷町にも路線を持つ。

高速バス路線も多数運行しており、近畿日本鉄道時代の1980年代後半から、大阪市・京都市を拠点として本州四国九州各地へ長距離高速バスを展開している。

近畿日本鉄道(近鉄電車)は近畿から中京まで長大な路線網を有しているが、各地域の一般路線バスは近鉄グループのバス事業者が地域ごとに分担している。近鉄バスの一般路線バスの営業エリアはほぼ大阪府下に留まる。奈良県京都府南部は奈良交通(京都府南部の路線は奈良電気鉄道が開設し、京都近鉄観光バス、近畿日本鉄道を経て奈良交通に移譲された)、三重県愛知県三重交通が担当する(近鉄伊勢線廃止時の代替バスは、当初は近畿日本鉄道が直営で開設し、のち三重交通に移管した)。また養老鉄道に分離した養老線沿線の岐阜県西濃地区の一般路線、および近畿日本鉄道が開設に関わった名神ハイウェイバスは三重交通グループの名阪近鉄バスが担当している。

沿革編集

大阪電気軌道・近畿日本鉄道編集

 
日野・グランビュー
P-RY638AA
近畿日本鉄道(市販第1号車)
 
「ツインクル号」続行便
新宿高速バスターミナル、2007年)
 
初期の現行塗装車
日野・ブルーリボン

近鉄バス編集

営業所編集

ナンバープレートの登録は、松原営業所が「和泉」、京都営業所が「京都」、その他は「大阪」である。
受託営業所
廃止営業所

路線バス編集

 
近鉄バスの一般路線車(河内山本駅前にて)

近鉄バスでは、系統番号を「XX番」と称している。

主な接続鉄道駅および主な接続バス路線編集

一部コミュニティバスも含む(カッコ内は、駅・駅前などの付かない場合および駅とは別名の接続停留所名)。

なお、ここでは主な路線のみの記載とし、一部路線は省略とする。

近鉄大阪線
大阪上本町駅 - 赤十字病院警察病院・桃谷駅、あべのハルカス 方面
布施駅 - 加美、早瀬橋・放出駅 方面
近鉄八尾駅 - JR八尾駅・八尾南駅・藤井寺駅、荒本駅・JR住道・萱島、高砂住宅 方面など
河内山本駅 - 河内花園駅、東花園駅 方面など
高安山駅 - 信貴山 方面
大阪教育大前駅 - 柏原キャンパス 方面
近鉄奈良線
布施駅 - 加美、早瀬橋・放出駅 方面
河内小阪駅 - 徳庵駅、荒本駅・鴻池新田駅 方面
八戸ノ里駅 - 徳庵駅、荒本駅・鴻池新田駅、金物団地、近大正門、市立総合病院(東大阪総合医療センター) 方面
若江岩田駅 - 近鉄八尾駅、荒本駅・JR住道・萱島 方面
河内花園駅 - 河内山本駅、吉田駅 方面
東花園駅 - 新石切駅・四条畷、JR住道、河内山本駅、大阪経済法科大学 方面
2019年11月1日より、瓢簞山駅発着路線は全てに東花園駅前発着に変更(瓢簞山駅からの路線は消滅)[12]
近鉄南大阪線
大阪阿部野橋駅(あべのハルカス・あべの橋東口) - 大阪上本町駅 方面
河内松原駅 - さつき野、岡、余部、平尾 方面など
恵我ノ荘駅 - 河内松原駅、平尾 方面
藤井寺駅 - 古市駅、羽曳ヶ丘、四天王寺大学、桃山台、八尾南駅・JR八尾駅・近鉄八尾駅、アマゾン藤井寺FC 方面
古市駅 - 藤井寺駅、羽曳ヶ丘、四天王寺大学、桃山台 方面
近鉄長野線
喜志駅 - さつき野 方面
富田林駅 - 金剛東団地、平尾・北野田駅 方面
近鉄けいはんな線
荒本駅 - JR住道・萱島、近鉄八尾駅、八戸ノ里駅・河内小阪駅、鴻池新田駅 方面
吉田駅 - 河内花園駅 方面
新石切駅 - 東花園駅、JR住道、四条畷 方面
近鉄京都線
竹田駅(竹田駅東口) - 向島ニュータウン・向島駅 方面
近鉄丹波橋駅(丹波橋) - 竹田駅東口、向島ニュータウン・向島駅 方面
桃山御陵前駅(桃山) - 竹田駅東口、向島ニュータウン・向島駅 方面
向島駅 - 向島ニュータウン循環、竹田駅東口 方面
京阪本線
伏見桃山駅(桃山) - 竹田駅東口、向島ニュータウン・向島駅 方面
萱島駅(萱島) - JR住道・荒本駅・近鉄八尾駅 方面
阪急京都本線
正雀駅(府営摂津正雀住宅北) - JR千里丘 方面
摂津市駅(阪急摂津市) - JR千里丘、正雀、別府、鳥飼車庫、摂津市役所 方面
茨木市駅 - JR茨木・阪大病院前・阪大本部前、美穂ヶ丘、春日丘公園、花園東和苑、南摂津駅、平田循環 方面
JR西日本 JR京都線東海道本線
JR総持寺駅 - 阪急茨木市駅、花園東和苑 方面
茨木駅 - 阪急茨木市駅、阪大病院前・阪大本部前、美穂ヶ丘、春日丘公園、茨木弁天、花園東和苑、南摂津駅、平田循環 方面
千里丘駅 - 摂津市内循環 方面
JR西日本 学研都市線 [片町線]
放出駅 - 布施駅前 方面
徳庵駅 - 八戸ノ里駅・河内小阪駅 方面
鴻池新田駅 - 荒本駅・河内小阪駅 方面
住道駅(住道駅前、JR住道、住道駅南、住道駅中央) - 萱島、荒本駅・近鉄八尾駅、新石切駅・東花園駅、生駒登山口、三箇公園、南新田 方面など
四条畷駅(四条畷) - 新石切駅・東花園駅、清滝団地・四条畷電通大 方面など
JR西日本 おおさか東線
久宝寺駅 - アリオ八尾 方面
JR西日本 大和路線 [関西本線]
天王寺駅(あべの橋) - 近鉄上本町駅 方面
八尾駅 - 近鉄八尾駅、アリオ八尾、八尾南駅・藤井寺駅、JR久宝寺駅 方面
JR西日本 大阪環状線
桃谷駅 - 警察病院・上本町駅 方面
JR西日本 奈良線
桃山駅(桃山) - 竹田駅東口、向島ニュータウン・向島駅 方面
京都市営地下鉄
竹田駅(竹田駅東口) - 向島ニュータウン・向島駅 方面
Osaka Metro
谷町九丁目駅(近鉄上本町駅) - 赤十字病院、警察病院・桃谷駅、あべのハルカス 方面
四天王寺前夕陽ヶ丘駅(四天王寺参道口) - 近鉄上本町駅、あべのハルカス 方面
天王寺駅(あべの橋) - 近鉄上本町駅 方面
八尾南駅 - JR八尾駅・近鉄八尾駅、藤井寺駅 方面
大阪モノレール
阪大病院前駅(阪大医学部病院前) - JR茨木駅・阪急茨木市駅、美穂ヶ丘 方面
万博記念公園駅 - JR茨木駅 方面
南摂津駅 - 阪急茨木市駅・JR茨木駅 方面
南海高野線
北野田駅 - 平尾・富田林駅、さつき野、多治井 方面 ※多治井方面行は南海バス共同運行

一般路線の運賃制度編集

一般路線バスの運賃(2019年10月1日改定、以下大人運賃)は、大阪府下の近鉄沿線を中心とした地域は、初乗り(半区)210円の特殊区間制[注釈 4]。茨木・摂津地区は220円の均一運賃となっている[13]。なお、山間部・郊外などで対キロ制運賃を採用している区間もある[13]。大阪市内では大阪シティバスに合わせた均一運賃(210円)、京都市内では京都市バスに合わせた運賃制度となっている。また、PL病院正面玄関前停留所においては病院利用者向けに富田林駅前との間で無料とする扱いを行っている[14]

また、100円均一運賃は、近鉄上本町駅発着の各路線や八戸ノ里駅と近畿大学を結ぶシャトルバスなどで実施している。

一般路線バスにおいては、2015年4月1日より、PiTaPaICOCAなど10種類の交通系ICカード相互利用を開始し、一般路線バス全線と八尾市内 - 京都間の高速バスで導入された[15]。PiTaPa利用時には月あたりの利用金額1,001円以上で割引が発生する(登録不要)。また、茨木・摂津地区に限り登録型割引で一定額以内での利用が可能となっている[16]。なお、ポストペイであるPiTaPaを除くICカードは、近鉄バス車内でのチャージはできないので[17] あらかじめ鉄道駅やコンビニエンスストアなどでチャージしてから利用することになる。

過去には自社専用の磁気乗車カード「近鉄バス回数カード」が利用可能であった(2019年9月30日で発売終了[18]、2020年11月30日で利用終了[19])。 なお、2021年1月現在、自社での回数券ICカード[注釈 5] は発売していない。

定期券はバス単独定期(区間指定とゾーン定期)のほか、近鉄電車・阪急電鉄・JR西日本との間で連絡定期券を発売している。連絡定期券の場合は駅を基準に同一運賃区間内で自由に下車可能なゾーン定期となる[20]。また、連絡定期券の場合は近鉄・阪急・JRの駅(窓口または定期券対応券売機)での発売となる[21]

バス単独定期券はゾーン定期に関しては近鉄電車の駅でも購入可能であるが[21]、その他の定期券類はバス営業所や出張発売所での扱いとなるほか[21]、近鉄バス本社への申込みによる通信販売も行われている[22]

コミュニティバス編集

 
大東市コミュニティバス(住道駅北口で撮影)
摂津市内循環バス
摂津市。JR千里丘 - 江口橋など。
大東市コミュニティバス
大東市。住道駅発着の各路線。なお、大東市では別途乗合タクシーも運行。
市立東大阪医療センターシャトルバス
東大阪市市立東大阪医療センターへの路線。大阪府下で初めてのコミュニティバス。当初は100円均一であったが、現在は通常運賃となっている。
富田林市レインボーバス
富田林市。運賃は、1乗車100円均一制運賃。富田林駅を起点に金剛東団地方面へ、既存の近鉄バスおよび南海バスと異なる経路で循環。金剛連絡所から南海高野線金剛駅までは徒歩移動可能な距離である。

高速バス編集

 
夜行高速バス フォレスト号(仙台駅前で撮影)
 
夜行高速バス フジヤマライナー号(富士急山梨バス本社営業所で撮影)

JRバスと並んで、首都圏 - 大阪間の格安夜行便の運行に積極的だが、大阪 - 徳山間「のんた号」(廃止)で途中の仮眠時間を確保しつつ、運行時間を延ばして全区間1人乗務といった最小限の乗務員運行を積み重ねた実績があり、それを東京 - 大阪間や京都 - 熊本間の便で活用している。

夜行高速バスではツアーバスから転換した新高速乗合バス等との競合などもあり、一部の便で集約を伴う路線統合が行われている。

夜行便は基本的には3列シートでの運転であるが、東京方面および熊本方面の格安便は4列シートでの運転となる。かつて近鉄バスでは積極的にダブルデッカーを採用していたが、共同運行の相手によってはダブルデッカーで運転されないこともあった。近鉄バスでは2018年までにダブルデッカーを退役させたため現存していない。

詳細は下記路線記事もしくは担当営業所記事(八尾布施稲田京都)を参照。

〔 〕内は共同運行会社。

夜行バス編集

東北方面編集

関東・信越方面編集

中国方面編集

四国方面編集

九州方面編集

昼行バス編集

近畿内編集

中部方面編集

北陸方面編集

中国方面編集

アウトレットモール直行バス編集

大阪と京都から兵庫と滋賀のアウトレットモールへ2路線を運行している。

運行支援路線編集

以下の路線は自社では運行せず、京都もしくは大阪側での予約・発券・運行支援のみを行う。

空港リムジンバス編集

休止・廃止路線編集

路線・各営業所の記事も参照のこと。

高速バス編集

 
ひえつき号専用車
(1990年撮影)

空港バス等編集

一般路線バス編集

市街地においても、近年は自転車との競合や運転士不足などもあり路線の減便や廃止が実施されている[27]

また、梅田・上本町・阿倍野橋・天満橋本町・内本町平野などと周辺都市を結んだ大阪市内乗り入れ路線は、大阪市営バスとの競合や道路渋滞、地下鉄ほか鉄道路線の開業・輸送改善もあり、一部を除き全廃された。一方、東大阪市や八尾市では近鉄バスの路線廃止後に大阪バスが、一部経路を変えつつ新たに進出した事例もある。

下記以外にも休止・廃止となった路線・区間は数多く存在する。

  • 阪奈生駒線(梅田 - 住道・稲田車庫および生駒登山口 - 奈良生駒山
  • 若江線・住道線(天満橋 - 機械団地・住道・朋来住宅・産業大学)
  • 生駒縦走線(生駒聖天 - 信貴山門)
  • 枚岡線(上本町 - 石切神社)
  • 大蓮線(布施・阿倍野橋 - 近鉄八尾 - 志紀他)[注釈 6]
  • 恩智線(近鉄八尾 - 恩智 - 瓢簞山、志紀線に改編)[注釈 7]
  • 志紀線(近鉄八尾 - 八尾木 - 志紀)[注釈 7]
  • 上小阪線(布施 - 金物団地・花園住宅)[注釈 8]
  • 富田林線(志紀 - 富田林)
  • 茨田大宮線(門真団地 - 鴻池新田駅 - 機械団地)
  • 柏原線(阿倍野橋 - 国分、古くは奈良まで)
  • 名阪国道線(阿倍野橋 - 天理、古くは上野市まで)
  • 堅上線(国分 - 王寺・雁多尾畑)
  • 大堀線(出戸 - 大堀 - 天美・松原)
  • 松原線(松原 - 平野)※松原以南は存続
  • 堺線(国分 - 堺東
  • 吹田八尾線(八尾 - 千里丘、古くは吹田まで)〔国鉄バス・阪急バス・京阪バス〕
  • 中央環状線 (布施 - エキスポランド
  • 京都線(京都 - 奈良)
  • 桃山線(桃山御陵前駅 - 伏見桃山城
  • 築港枚岡線(深江橋 - 枚岡)近鉄東大阪線開業で廃止
  • 石切線(新石切 - 石切
  • 吉田住道線(吉田 - 住道)過去には東花園駅・吉田駅と加納工業団地を結ぶ路線も運行していた。
  • 茨木線柱本系統(阪急茨木 - 柱本 - 鐘化前、共同運行していた阪急バス運行を継続
  • 深夜急行バス・なんば → 富田林線

コミュニティバス編集

 
八尾市「愛あいバス」専用車両
日野・ポンチョ(初代)

定期観光バス編集

 
OSAKA SKY VISTA(大阪取引所付近で撮影、旧塗装時代。赤基調の塗装に変更)

2014年7月より大阪市内でオープントップバスによる定期観光バス「OSAKA SKY VISTA」を運行している[8]。車両は高速バスとして活躍していた三菱ふそう・エアロキングを改造したもの。

開業当初は大阪上本町駅の近鉄高速バスセンターを起点に、現在の南:なんばルート4便が運行されていたが[8]、2015年7月に北:うめだルートが新設された。

2016年2月からは大阪駅JR高速バスターミナル発着に変更されて梅田ルートとなんばルートを通年運行しているほか、御堂筋イルミネーションの時期には夜間に御堂筋を経由するルートも運行されている。

貸切バス事業編集

 
近畿日本鉄道時代の貸切車
日野・ブルーリボン P-RU638AA、1992年)

観光バス事業は近鉄からの分社化当初、貸切バス部門の分社子会社の近鉄観光バスが経営していた。近鉄観光バスは東大阪市長栄寺に布施営業所と本社を、京都市に京都営業所(近鉄バス京都営業所内にあった)を設けていた。近鉄バスと近鉄観光バスは当時から実務面では同一会社として運営していた。また、近鉄自動車局時代の1998年まで奈良県内にも拠点(奈良営業所)を持っていたが撤退し、グループの奈良観光バスに移管した。

その後、近鉄観光バスは2006年9月1日に近鉄バスに吸収合併され、旧:近鉄観光バス布施営業所は近鉄バス布施観光営業所となった。2008年に京都府からも撤退しており[29]大阪府奈良県生駒市平群町のみでの営業となっている[30]

車両編集

   
近鉄バスの大型路線車
日野・ブルーリボン(左)といすゞ・エルガ(右)

近畿日本鉄道自動車局の時代から、伝統的に日野自動車製がメイン(観光バスは全車)であった。これは近鉄の歴代社長・会長(佐伯勇上山善紀辻井昭雄)が、日野自動車の監査役を務めていたことなどを理由とする。

分社化後はいすゞ自動車製の車両も導入するようになり、枚岡営業所はいすゞ車中心の配置となった。また、空港リムジンバスや2階建車など一部に三菱ふそう製も在籍する。UDトラックス(旧:日産ディーゼル)製の車両は導入していない。

ボディはいずれも純正車体を採用し、日野自動車は日野車体工業ジェイ・バス、いすゞはジェイ・バス、三菱ふそうは三菱ふそうバス製造製の車体で導入している。富士重工業製や西日本車体工業製の車体は導入していない[注釈 9]

近畿日本鉄道自動車局時代の1960年代には、独自開発して1960年に導入した日本初の2階建てバス「ビスタコーチ」をはじめ、低床バスなど近畿車輛が車体を架装したバスも導入していた。1985年には、2階建観光バスビスタカー日野・グランビュー)市販1号車を導入するなど、他社より先行した技術を多く採用していた。

1986年には日野自動車が開発した機械式ATEEドライブ」搭載車(日野・ブルーリボン)をいち早く採用した。1995年以降は大型車は機械式ATからMT車に戻ったが、同年以降の小型車(日野・リエッセ日野・ポンチョ)や一部大型車でトルクコンバーターAT車も採用された。2015年後期からはAT車の導入を進めている[31]

一般路線車は、路線環境により大型・中型・小型車を配備している。大型は松原営業所には長尺車、他の営業所は短尺車を配備する[31]。1998年からワンステップバスを採用。ノンステップバスは中型幅10.5m車などで採用していたが、大型は2011年以降、中型は2012年以降の新車で全面的に採用している[31]

地元自治体からの補助を受け、低公害バスとしてCNG車ハイブリッド車も保有する。全国的にも導入例が少ない日野・ブルーリボンシティCNGが導入された(近鉄バスのほか、京阪バス南海バス名古屋市交通局に導入)。

 
後面のLED表示。ドアが開いている際には、行先と「乗降中」を交互に表示する

独自仕様としては、LED行先表示機車両における乗降扱い中には、後面の表示で行先と「乗降中」を交互表示するものが挙げられる(同様の表示は、同じ近畿地方の事業者である高槻市営バス山陽バス阪急バス南海りんかんバスなどでも見られる)。また、左後輪の巻き込み防止対策のカバーはツーステップ車時代から採用しているが、大阪市営バス大阪シティバス奈良交通でも同様に古くから採用していたほか、2000年代以降に阪急バス阪神バスなどで採用が広がっている。

高速車は、2階建車での運行路線を除き、かつては基本的に夜行高速路線はスーパーハイデッカー、昼行高速路線はハイデッカーで導入されていたが、2008年以降に導入された夜行高速路線用の新車はハイデッカーとなっている。2階建て車両での高速バスは運行を終了しており、一部車両は定期観光バスへ転用されている。

貸切車は、企業送迎や学校送迎用として、路線タイプからマイクロバスまで各営業所に配備している[31]

2017年4月、運転士教育の充実による安全性向上などを目的として安全運転訓練車を導入した。車両は一般路線車(元・八尾営業所所属の社番6261・日野LKG-KV234L3)から転用し、東急テクノシステムで改造を行った。この安全運転訓練車は布施営業所に所属し、各種教習に使用している[32]

車両番号編集

出典[31]

2 8 04
車種 年式 番号
  • 車種
    0…日野小型車(マイクロバス、コミュニティー車両)、特殊車(リフト付き・ハイブリッド・CNG)
    1…日野中型車(9mクラス)
    2…日野高速車(3列シート)
    5…いすゞ大型車
    6…日野大型車(路線系
    7…三菱ふそう車
    8…日野高速・空港リムジン・観光車(4列シート)
    9…いすゞ中型車
  • 年式
    昭和時代は和暦の下一桁だったが、平成以降は西暦の下一桁となっている。2020年の場合であれば、二桁目の0の数字が入る。
  • 号車番号
    購入順の固有番号

カラーリング編集

 
前面と側面にロゴが追加された2019年導入車(1951号車、富田林駅前にて撮影)

1994年に導入された一般路線車の標準塗装は、黄色と青で本鉄道のイニシャル「KN」を含む複雑な模様を表しているが、ラッピング車両も多い。過去に在籍した鳥飼営業所所属のCNGバスは黄色を主体とした特別塗装となっていた。また、2016年より導入された新型ブルーリボンハイブリッドバスは、模様はそのままで色が白と水色になっている。

2019年8月には、近鉄バス(分社後)営業開始20周年を迎えることを記念し、1980年代に使われていたクリームにダークレッドの復刻塗装車両を大阪府内の6営業所に各1台導入した[11]

夜行高速用車のカラーリングは、開設当初は路線ごとに異なったデザインを採用していたが、白とグリーンを基調に「Kintetsu The Express Cruiser」のロゴが側面に入ったデザインに統一された。昼行高速用車両は夜行高速用と同一デザインだが、貸切用途から転用した車両は観光塗色のまま運行されている。貸切・観光用車両(経法大線用路線車を含む)は白をベースに赤紫・オレンジ・金色のラインが入ったものである。

空港リムジン用車両は関西空港交通と共通のデザインを採用していたが、近年投入された車両は観光車の塗色を採用し、2種類のカラーリングが混在している。

コミュニティバスなどは各路線ごとの独自デザイン、もしくは一般路線塗装を採用している。

2019年12月に松原営業所へ配置された日野レインボー(ドライバー異常時対応システム(EDSS)装備、2KG-KR290J4)から、路線車の標準塗装にロゴが追加され、前面は「KINTETSU」、側面の前輪タイヤハウス後部には「KINTETSU-BUS」と記されるようになった。

車両の転属・譲渡編集

近鉄バスで役目を終えた車両は、奈良交通明光バス防長交通北日本観光自動車などのグループ会社へ移籍しているほか、一部はグループ外の事業者にも譲渡されている[注釈 10]

以前はおおむね15年で車両代替を行っていたが、2003年以降は大阪府内が排出ガス規制強化地域に指定され、車両代替のサイクルが短縮したことから除籍車両の譲渡が増加しており、特にグループ会社への譲渡が多い。グループ会社への譲渡の場合は塗装を大きく変更せず供用する場合もある[33](特に明光バスや防長交通への譲渡例で多く見られる)。また、高速バス路線開設時に共同運行先へ高速バス車両を譲渡するケースも少なからずある。

社内での車両転属は、近畿日本鉄道直営時代から一部の車両は大阪府より排出ガス規制の緩い京都営業所に転属しており、かつて近鉄直営時代にあった奈良営業所にも同様の転属を行なっていた。


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、信貴山上線の信貴山門バス停が奈良県内にあるため厳密には現在でも奈良県内に路線が残っている。
  2. ^ 残りは阪急バスが受託、のちに同営業所全路線を近鉄バスが受託。
  3. ^ 旧制服は近畿日本鉄道(自動車局)時代から約30年間使用されていた。
  4. ^ 半区210円、1区230円、2区250円、3区290円、4区300円、特4区310円、5区320円、6区340円。ただし、大東市コミュニティバスの半区は200円[13]
  5. ^ 奈良交通の「CI-CA」、阪急バス阪神バスの「hanica」や南海バスの「なっち」に相当するカード。
  6. ^ 大阪バスが2016年より布施 - 近鉄八尾で路線を開設。停留所・経路の一部を変更。
  7. ^ a b 大阪バスが2019年より一部異なるルートで路線を開設(旧恩智線の経路も一部カバー)。かつて八尾市コミュニティバス「愛あいバス」が乗り入れていた志紀駅東口まで運行。
  8. ^ 大阪バスが2018年に大阪中央環状線以西の布施 - 俊徳道 - 宝持 - 市立東大阪医療センター間に、2020年から俊徳道 - 近畿大学間に路線を運行。
  9. ^ 高度経済成長期に近鉄と西日本車体工業の親会社である西日本鉄道(西鉄)との関係が悪かったため、西工への供給にあまり積極的ではない日野との関係が深かったことも関係するとされている。[要出典]
  10. ^ 2012年6月以降、ジェイ・アール北海道バスに1998年式のKC-HU2MPCAワンステップ車が数台譲渡された事例がある。[要出典]

出典編集

  1. ^ a b c d 『近畿日本鉄道 80年のあゆみ』p.82、近畿日本鉄道、1990年10月発行。
  2. ^ 「京都・大阪・三宮〜高知(安芸・奈半利)」間高速バスの運行申請をいたしました!”. 近鉄バス (2010年11月2日). 2010年11月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月5日閲覧。
  3. ^ 2/4から京都・大阪・神戸〜高知県(安芸・なはり)行き夜行高速バスの運行を開始いたします♪ - 近鉄バス 2011年1月28日[リンク切れ]
  4. ^ 大分・別府〜神戸・大阪・京都間 高速バス運行にかかる許認可の申請について (PDF) - 大分バス・大分交通・亀の井バス・近鉄バス 2011年9月29日
  5. ^ 「京都・大阪・神戸〜別府・大分」間夜行高速バスの運行申請をしました!! - 近鉄バス 2011年9月30日
  6. ^ 大分・別府〜三宮・大阪・京都間夜行高速バス「SORIN号」運行開始いたします! (PDF) - 大分バス・大分交通・亀の井バス・近鉄バス 2011年11月29日
  7. ^ 【京都・大阪・三宮〜中津・別府・大分】間の夜行高速バス「SORIN(そうりん)号」デビュー決定!! - 近鉄バス 2011年11月29日
  8. ^ a b c 近鉄2階建てオープンデッキバス、愛称「OSAKA SKY VISTA」7/10から運行開始 - マイナビニュース 2014年6月25日
  9. ^ 【平成27年4月1日〜】交通系ICカード導入のお知らせ - 近鉄バス 2015年3月4日
  10. ^ ICカードでピタッと簡単乗車! 〜近鉄バスで交通系ICカードPiTaPaが平成27年4月1日からご利用できます。〜 (PDF) - 近鉄バス 2015年3月4日
  11. ^ a b ~近鉄バス株式会社は営業開始20周年を迎えます~20周年を記念して、 『復刻デザイン塗装バスの運行』『近鉄バス20周年記念乗車券の発売』『制服デザインの刷新』を実施いたします。 (PDF)”. 近鉄バス株式会社 (2019年7月30日). 2019年8月24日閲覧。
  12. ^ 【2019年11月1日~】東花園駅前への乗り入れについて”. 近鉄バス (2019年5月13日). 2019年5月21日閲覧。
  13. ^ a b c バス定期券(通勤定期券)”. 近鉄バス. 2021年1月22日閲覧。
  14. ^ 交通のご案内”. PL病院. 2021年1月22日閲覧。
  15. ^ ICカードでピタッと簡単乗車!〜近鉄バスで交通系ICカードPiTaPaが平成27年4月1日からご利用できます〜”. 近鉄バス (2015年3月4日). 2015年5月6日閲覧。
  16. ^ PiTaPa割引サービス”. 近鉄バス. 2021年1月22日閲覧。
  17. ^ ICカード”. 近鉄バス. 2021年1月22日閲覧。
  18. ^ “近鉄バス回数カードの発売終了について” (プレスリリース), 近鉄バス株式会社, (2019年6月24日), https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/common-hd/data/pdf/20190619-kb20190619140415609206413.pdf 2020年2月27日閲覧。 
  19. ^ “近鉄バス回数カードのご利用終了日について” (プレスリリース), 近鉄バス株式会社, (2020年3月11日), https://www.kintetsu-bus.co.jp/upload/pdf/upPdf/20200310120109_2003011buscard.pdf 2021年1月22日閲覧。 
  20. ^ 電車・バス連絡定期券”. 近鉄バス. 2021年1月22日閲覧。
  21. ^ a b c 定期券発売場所”. 近鉄バス. 2021年1月22日閲覧。
  22. ^ 定期券の通信販売”. 近鉄バス. 2021年1月22日閲覧。
  23. ^ 昼行バス/八尾(JR久宝寺・近鉄八尾)(八尾・京都特急線)←→京都 近鉄バス
  24. ^ JR久宝寺・近鉄八尾駅前〜京都駅間高速バス新路線の運行の申請について 近鉄バス 2013年6月27日
  25. ^ JR久宝寺駅・近鉄八尾駅前〜京都駅八条口間の高速バス運行について 近鉄バス 2013年6月27日
  26. ^ JR久宝寺・近鉄八尾駅前〜京都駅間高速バス新路線の運行について(8月8日更新) 近鉄バス 2013年8月8日
  27. ^ バスラマ・インターナショナル』No.167 P.31-32 ぽると出版・2018年4月25日発行 ISBN 978-4-89980-167-2
  28. ^ 公共施設巡回バス 藤井寺市
  29. ^ バスマガジン』No.88 P.45 講談社ビーシー・2018年3月27日発行 ISBN 978-4-06-366746-2
  30. ^ 貸切バスに関するQ&A”. 近鉄バス. 2018年4月4日閲覧。
  31. ^ a b c d e バスラマ・インターナショナル』No.167 P.39 ぽると出版・2018年4月25日発行 ISBN 978-4-89980-167-2
  32. ^ バスラマ・インターナショナル』No.167 P.48 ぽると出版・2018年4月25日発行 ISBN 978-4-89980-167-2
  33. ^ バスマガジン』No.88 P.32 講談社ビーシー・2018年3月27日発行 ISBN 978-4-06-366746-2

関連項目編集

外部リンク編集