メインメニューを開く

八田 英二(はった えいじ、1949年3月20日 - )は、日本の経済学者学校法人同志社第18代総長・理事長。同志社大学経済学部教授。専攻は産業組織論および計量経済学。第27・28・29・30・31代同志社大学長。京都府京都市[1]出身。2015年9月16日より日本高等学校野球連盟会長を務める。

八田 英二
(はった えいじ)
生誕 (1949-03-20) 1949年3月20日(70歳)
日本の旗 日本 京都府京都市
研究分野 産業組織論
研究機関 同志社大学
出身校 同志社大学(学士・修士)
カリフォルニア大学バークレー校(Ph.D
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
テンプレートを表示

高野連会長として編集

2019年8月30日に韓国で開催される野球ワールド杯(U18)に出場する日本代表が、出入国の際、日の丸や「JAPAN」のロゴが入った代表用のシャツではなく、無地のシャツを着用する決定をした。日韓関係の悪化を受けたもので、「韓国の国民感情に配慮した」としている[2]。但し試合中の選手のユニフォームには日の丸のマークは入っている。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

役職編集

著書編集

  • 『広告と市場競争』(有斐閣)
  • 『実証日本経済』(晃洋書房)
  • 『What's経済学』(有斐閣) ほか

脚注編集

  1. ^ 高野連:会長に八田英二氏 上部団体の学生野球協会会長
  2. ^ 「野球U18日本代表 “日の丸なし”で韓国へ 関係悪化で異例対応」(2019年8月27日,NHKニュースWEBより)