公孫 度(こうそん たく / ど、? - 204年)は、中国後漢末期の群雄。字は升済。初名は幽州遼東郡襄平県の人[1]。家系は公孫氏。父は公孫延。子は公孫康公孫恭。孫は公孫淵公孫晃

生涯編集

父は玄菟太守の公孫琙に官吏として仕えていた。公孫琙の早死した子の名が、公孫度の初名と同じ「豹」だったという理由で可愛がられ、その援助の下で学問を学んだ。

建寧2年(169年)、霊帝が有道の士を推挙するよう詔を下すと、公孫度は謝弼や陳敦とともに回答し、みな郎中に任じられた[2]。その後、尚書郎から冀州刺史に転じたが、謡言を理由に職を追われた。

中平6年(189年)、董卓中郎将となった同郡出身の徐栄の推挙で、遼東太守に任じられる[3]。しかし地元には彼の出自を軽んじる名族がいくつもあったため、先んじてこれらの家を罪に当てはめ百余家を滅ぼした。

初平元年(190年)、中原の騒乱を知ると独立志向を強めていく。自ら遼東侯・平州牧を名乗り、父の公孫延に建義侯の称号を追贈し、漢の二祖(劉邦光武帝)の霊廟を建立するなどした。

襄平の名門をことごとく滅ぼし支配を固める一方で、高句麗烏桓を討伐し功績を挙げ、董卓死後に実権を握った曹操に賞され、武威将軍・永寧郷侯の地位を与えられた。しかし公孫度はこの地位に不満だったため、朝廷から贈られた印綬は武器庫にしまいこんだ。

建安9年(204年)に死去。子の公孫康が位を相続した。

系譜編集

公孫延
 
公孫度
 
公孫康
 
公孫晃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公孫恭
 
 
公孫淵
 
公孫脩
 
 
 

配下編集

出典編集

公孫度を題材とした作品編集

脚注編集

  1. ^ 後漢書』謝弼伝では玄菟郡出身とする。
  2. ^ 『後漢書』謝弼伝。
  3. ^ 『後漢書』袁紹伝では中平元年(184年)とする。

関連項目編集