メインメニューを開く

六甲区(リウジア/ろっこう-く)は台湾台南市に位置する市轄区

中華民国 台南市 六甲区
別称:
赤山龍湖巖.jpg
地理
Lioujia TN.svg
位置 北緯23°13'
東経120°21'
面積: 67.5471 km²
各種表記
繁体字: 六甲區
日本語読み: ろっこう
漢語: Liùjiă
通用: Liòujiă
注音符号: ㄌㄧㄨˋ ㄐㄧㄚˇ
片仮名転写: リュウジャー
台湾語: La̍k-kah
客家語: Liuk-kap
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 台南市
下位行政区画: 11里231鄰
六甲区長: 蔡秀琴
公式サイト: 六甲区公所
情報
総人口: 22,801 人(2015年1月)
世帯数: 7,710 戸(2015年1月)
郵便番号: 734
市外局番: 06
徳元埤ダム湖(左岸と対岸は柳営区に、右岸は六甲区にそれぞれ属する)

目次

地理編集

六甲区は台南市中央部に位置し、北は柳営区東山区と、東は楠西区と、西は下営区と、南は官田区大内区とそれぞれ接している。

東西に広く南北に狭い長細い地形であり、東部は中央山脈に位置し山岳地帯が広がっている。西部は嘉南平原の一部であり地勢は平坦である。

歴史編集

六甲区の地名は開拓時代の土地面積の計算方法に由来する。鄭成功統治時代、武将の陳永華が入植者を募集した際に二甲、三甲、四甲、五甲、六甲、七甲などの異なる面積の土地を開き、村名として採用したのが起源である。日本統治時代、二甲、六甲、七甲を合併し一支庁を設置した際、六甲を行政中心と定めた。1920年の台湾地方改制の際、この地に「六甲庄」が設けられ台南州曽文郡の管轄となった。戦後は台南県六甲郷と改編、2010年12月25日の台南県の台南市編入にともない「六甲区」と改編され現在に至っている。

経済編集

行政区編集

亀港里、王爺里、水林里、六甲里、中社里、七甲里、二甲里、大丘里、甲東里、甲南里、菁埔里

歴代区長編集

氏名 退任日

教育編集

交通編集

種別 路線名称 その他
鉄道 縦貫線 林鳳営駅
高速道路 フォルモサ高速公路 烏山頭IC
省道 台1線

観光編集

  • 九品蓮花生態教育園区
  • 工業技術研究院南分院

関連項目編集