メインメニューを開く

六邦映画株式会社(ろっぽうえいが[1])は、かつて存在した日本の映画会社である[1][2][3][4]成人映画、とくにいわゆるピンク映画を多く製作・配給した[2][3][4]

六邦映画株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中央区日本橋通2-6(現在の中央区日本橋3-3-14)大木ビル
設立 1965年
業種 商社
事業内容 映画の製作および配給
代表者 鈴木邦夫
関係する人物 小柴芳雄
若松孝二
酒匂真直
武田有生
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1965年(昭和40年)に創立された[1]。当初は、他の製作会社の製作物を配給するところから始まった[2][3]。同年11月に同社が配給して公開した、深田金之助監督の『血と肉』の「製作」としてクレジットされている小柴芳雄は、元新外映配給の関西営業所長であり、同作を製作した極東映画の代表取締役である[5]。六邦映画の社長の鈴木邦夫は、当時、極東映画の取締役で、のちに常務取締役に就任する[5]。初期にあっては、深田金之助小川欽也月森功新藤孝衛小林悟らの作品を配給し、1967年(昭和42年)2月21日には、若松孝二監督の『情欲の黒水仙』を公開している[2][3]

1968年(昭和43年)からは、向井寛酒匂真直武田有生らの作品を多く配給し、1969年(昭和44年)初頭には、創立3周年記念作品として、武田有生の企画・監督によるパートカラー作品『好色一代 無法松』を製作、同年3月公開した[2][3]

1972年(昭和47年)からは、武田有生のほか、二宮次郎松原二郎らの作品を製作・配給、翌1973年(昭和48年)には、若手の久我剛やヴェテランの変名とも言われる秋津隆二の作品に取り組むが、同年11月に公開した、秋津隆二監督の『温泉場 SEX実習』以降の製作および配給作品は、記録に残っていない[2][3]。同年12月1日に発行された『映画年鑑 1974』には、同社の企業データ等が記載されている[1]。それ以降、1970年代後半の『映画年鑑』には、記載されなくなっており、活動を停止したものとされる[6]。小林が常務取締役を務めた、小柴芳雄の極東映画も同様である[7]

2008年(平成20年)4月1日には、『奴隷未亡人』(監督渡辺護、1967年)を、米国のシネマエポック英語版The Slave Widow のタイトルでDVDビデオグラムによる発売を行なった[8]サムシング・ウィアード・ヴィデオ英語版も、『骨ぬき』(監督福田晴一、1967年)を Boneless のタイトルでDVDビデオグラムによる発売を行っている[9]

2012年(平成24年)7月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターは、『肌香の熱風』(監督新藤孝衛、1966年)『おんな泣かせ』(監督酒匂真直、1967年)、『情欲の黒水仙』(監督若松孝二、同年)、『ひもつき処女』(監督酒匂真直、1968年)、『女のうれし泣き』(監督武田有生、同年)の5作品の上映用プリント等を所蔵している[10]。かつて同社が所在した日本橋通2-6(現在の中央区日本橋3-3-14)の「大木ビル」は現存する。

企業データ編集

フィルモグラフィ編集

文化庁「日本映画情報システム」、および日本映画データベースインターネット・ムービー・データベースに掲載されている同社製作・配給作品の一覧である[2][3][4]。特筆以外はすべて「製作・配給」である。

1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『映画年鑑 1974』、p.204.
  2. ^ a b c d e f g 六邦映画、日本映画情報システム、文化庁、2012年7月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 六邦映画日本映画データベース、2012年7月11日閲覧。
  4. ^ a b c Mutsukuni Eigaインターネット・ムービー・データベース (英語)、2012年7月11日閲覧。
  5. ^ a b 『映画年鑑 1970』、p.431.
  6. ^ 『映画年鑑 1978』、p.219.
  7. ^ 『映画年鑑 1978』、p.201, 225.
  8. ^ The Slave Widow, シネマエポック英語版 (英語)、2012年7月11日閲覧。
  9. ^ ASIAN EROTIC EXOTICS VOL 1, サムシング・ウィアード・ヴィデオ英語版 (英語)、2012年7月11日閲覧。
  10. ^ 六邦映画東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月11日閲覧。
  11. ^ 肌香の熱風、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月11日閲覧。
  12. ^ 情欲の黒水仙、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月11日閲覧。
  13. ^ おんな泣かせ、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月11日閲覧。
  14. ^ 女のうれし泣き、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月11日閲覧。
  15. ^ ひもつき処女、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月11日閲覧。

参考文献編集

  • 『映画年鑑 1970』、時事映画通信社、1969年12月1日
  • 『映画年鑑 1974』、時事映画通信社、1973年12月1日
  • 『映画年鑑 1978』、時事映画通信社、1977年12月1日

関連項目編集

外部リンク編集