メインメニューを開く

火鳥 こずえ(かとり こずえ、1943年1月29日 - )は、日本の女優である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]火鳥 こづえという表記もみられる[9]。本名不明。1961年(昭和36年)、マキノ真三のもとに学び[2]、真三の事業破綻後はモデルとして活動する[11]。1965年(昭和40年)に女優に転身、映画出演を開始、黎明期の成人映画界のスター女優となる[1][2][3][5][6][9]。1973年(昭和48年)以降に引退した[2][3][5][6][7][8][9][10]足立正生監督の『避妊革命英語版』(1967年)[12]小川欽也監督の『生首情痴事件』(1967年)、石井輝男監督の『徳川女系図』(1968年)、井田探監督の『女浮世風呂』(1968年)等の出演で知られる[2][3]

かとり こずえ
火鳥 こずえ
本名 不明
生年月日 (1943-01-29) 1943年1月29日(76歳)
出生地 日本の旗 日本 山形県
職業 女優
ジャンル 劇場用映画時代劇映画成人映画
活動期間 1962年 - 1973年
事務所 火石プロ
主な作品
避妊革命英語版』(1967年)
生首情痴事件』(1967年)
徳川女系図』(1968年)
女浮世風呂』(1968年)
テンプレートを表示

目次

人物・来歴編集

成人映画スターの時代編集

1943年(昭和18年)1月29日、山形県に生まれる[2][3][8]。本名は不明である[2][3][8]

1961年(昭和36年)3月、地元の高等学校を卒業して東京に移り、マキノ真三のマキノ芸術学院に学ぶ[2]渡辺護の回想によれば、同年にはマキノ真三による経営母体のマキノ映画が倒産しており、渡辺は同社所属の市川春代らを野村浩将らの東京文芸プロダクションに売り込んでいた時期であるという[13]。同社には、のちに火鳥の作品を多く監督した向井寛が助監督として在籍していた[13]。火鳥は、1962年(昭和37年)12月に発行された『100万人のよる』昭和37年12月号(季節風書店、1966年廃刊)の表紙に採用されており、「東映スタア」とキャプションがある(右画像)[11]。この時期に東映の作品に出演した記録は残っていない[2][3][5][6][7][8][9][10]。俳優の久保新二の回想によれば、当時、火鳥は、愛染恭子辰巳典子らとともに、杉並区高円寺に所在した火石プロ(代表・火石利男)に所属していたという[14]

1965年(昭和40年)10月に公開された『熱い樹液』(監督藤田潤八岡野進)が火鳥の映画界へのデビュー作である旨の記述が『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社)にはあるが、東京国立近代美術館フィルムセンターに所蔵されている『くされ縁』(監督志賀隆、製作・配給日本シネマ)や『悦楽』(監督大島渚、配給松竹)の上映用プリントには火鳥の名がクレジットされており、同作のほうが先に公開(前者・1965年4月、後者・同年8月29日)されている[5]。いずれにしても火鳥は、満22歳のときに成人映画の女優として、映画界に登場した[2][3][5][6][9]

日本映画発達史』の田中純一郎は、同書のなかで黎明期の成人映画界のおもな出演者として、扇町京子橘桂子、城山路子(光岡早苗と同一人物)、内田高子香取環新高恵子、松井康子、西朱実朝日陽子華村明子森美沙湯川美沙、光岡早苗、路加奈子有川二郎里見孝二川部修詩佐伯秀男とともに、火鳥の名を挙げている[1]。1967年(昭和42年)2月21日に公開された若松孝二企画・製作、足立正生監督による『避妊革命英語版』(製作若松プロダクション、配給日本シネマフイルム)では、「丸木戸定男」役の寺島幹夫を相手に「丸木戸満子」役で主演している[2][6][9][12]

独立系プロダクションの作品のほか、1968年(昭和43年)5月1日には、東映京都撮影所が製作、石井輝男が監督、火鳥が出演して「おかじ」を演じた『徳川女系図』が公開されたが、同作には火鳥のほか、内田高子谷ナオミ、辰巳典子、祝真理ら、いわゆる独立系のピンク映画女優が多数出演しており、興行的に成功を収めた[2][6][7][8][9][15]。火鳥は、同作と同時上映の『前科者』(監督山下耕作)にも「若い情婦」役で出演している[2][6][7][8][9]。これに触発された日活も[15]、当時はまだロマンポルノ(1971年 - 1988年)を開始していなかったが、児井英生がプロデュースした『女浮世風呂』(監督井田探、同年7月10日公開)や『ある色魔の告白 色欲の果て』(監督江崎実生、同年8月14日公開)、『秘帳 女浮世草紙』(監督井田探、1968年10月19日公開)といった作品に火鳥を出演させた[2][6][7][8][9]。『女浮世風呂』には、火鳥のほか、林美樹美矢かほる、辰巳典子、清水世津大月麗子、谷ナオミ、乱孝寿、内田高子ら、『ある色魔の告白 色欲の果て』には美矢かほる、乱孝寿、林美樹、辰巳典子、高月絢子、清水世津、橘桂子、大月麗子、高鳥和子真湖道代ら、『秘帳 女浮世草紙』には辰巳典子、林美樹、真湖道代、乱孝寿、高月絢子ら、独立系のピンク映画女優が多数出演した[16][17][18]。児井はなかでも『女浮世風呂』における火鳥の「妙照尼」役の芝居を高く評価した。

『日本映画俳優全集・女優編』には、1969年(昭和44年)に「『女犯系図』『嫉妬』を最後に引退した」とある[2]。『嫉妬』の公開月が不明であるが、『女犯系図』(監督向井寛)は同年7月の公開であり、同年8月には主演作『肌のもつれ』(監督佐々木元)、同年10月には『情欲の鞭』(監督武田有生)が公開されている[9][19]。その後も、1971年(昭和46年)4月に公開された『近世毒婦伝 少女地獄責め』(監督向井寛)、1973年(昭和48年)3月3日に公開された『団地妻㊙研究会』(監督向井寛)にも出演した記録が残っている[6][7][8][9][20]。ただしこの時期の作品記録が掲載されている『映画年鑑 1973』において、独立系の映画作品については監督名以外記載されておらず、この時期の出演者が概して不明である[20]。同年以降の出演記録はみられず、以降の消息も不明である[2][3][5][6][7][8][9][10]

再評価編集

2009年(平成21年)9月11日 - 同13日に神戸映画資料館で行われた「60年代・独立プロ伝説 西原儀一と香取環 前編」特集上映で、火鳥が主演し西原儀一が千葉隆志の名で監督した『情事に賭けろ』が16mmフィルムトリミング短縮版の上映用プリントで上映された[21]。2011年(平成23年)5月14日 - 7月15日にラピュタ阿佐ヶ谷で行なわれた「60年代まぼろしの官能女優たちPART II」特集上映で、助演した『セックス女優残酷史』(監督向井寛)、同じく『肌のもつれ』および『情欲の鞭』が16mmフィルム版の上映用プリントで上映された[22]。同年9月16日 - 同17日に神戸映画資料館で行われた「第一の伝説 名優・野上正義 追悼」特集上映で、『肌のもつれ』、『燃えたい女』(監督奥脇敏夫)が16mmフィルム版の上映用プリントで上映された[23]。同年10月23日 - 同24日に同館で行われた「第三の伝説 追憶 向井寛の世界」特集上映では、『セックス女優残酷史』、主演した『秘伝腹芸十八番』(監督向井寛)が16mmフィルム版の上映用プリントで上映された[24]

フィルモグラフィ編集

クレジットはすべて「出演」である[2][3][5][6][7][8][9][10][19][20][25][26]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)等の所蔵状況についても記す[5][26]

  • 避妊革命英語版』 : 企画・製作若松孝二、監督足立正生、製作若松プロダクション、配給日本シネマフイルム、1967年2月21日公開(成人映画・映倫番号 14762) - 「丸木戸満子」役(主演)
  • 花の色道』 : 監督小川欽也、製作・配給大蔵映画、1967年3月21日公開(成人映画・映倫番号 14874)
  • 手さぐり』 : 企画・製作菜穂俊一、監督小川欽也、主演松井康子、製作・配給ワールド映画、1967年3月公開(成人映画・映倫番号 不明)
  • 泣きどころ』 : 製作菜穂俊一、監督小川欽也、製作・配給ワールド映画、1967年4月公開(成人映画・映倫番号 不明) - 主演
  • 新・情事の履歴書』 : 製作矢元照雄、企画朝倉大介、監督山下治、主演瞳亜矢子、製作青年群像、配給国映、1967年4月公開(成人映画・映倫番号 不明) - 出演[5]、62分の上映用プリントをNFCが所蔵[5]
  • 生首情痴事件』 : 監督小川欽也、製作・配給大蔵映画、1967年5月31日公開(成人映画・映倫番号 不明) - 「藤山玲子」役(主演)、2009年8月DVD発売[4]・上映用プリントが現存
  • 処女残酷』 : 監督渡辺護、主演加山恵子、製作東京興映、1967年10月3日公開(成人映画・映倫番号 15051) - 「きよ」役[10]
  • 真赤な獣欲』 : 監督東元薫、共演祝真理、製作日映企画、1967年公開(成人映画・映倫番号 不明) - 主演
  • 密通刑罰史』 : 監督小森白山本晋也・渡辺護、製作東京興映、配給新東宝映画、1967年公開(成人映画・映倫番号 不明) - 出演、NFCが上映用プリントを所蔵[26]
  • 好色一代 無法松』 : 企画・監督武田有生、製作・配給六邦映画、1969年3月公開(成人映画・映倫番号 15765)
  • 燃えたい女』 : 企画・製作菜穂俊一、監督奥脇敏夫、製作・配給ワールド映画、1969年4月公開(成人映画・映倫番号 15885) - 主演、70分の16mmフィルムが現存[23]
  • ㊙妾』 : 製作鈴木実、監督北見一郎、製作朝倉プロダクション、配給国映、1969年6月公開(成人映画・映倫番号 15869)
  • 秘伝腹芸十八番』 : 監督向井寛、製作青年芸術協会・東京興映、配給新東宝興業、1969年6月公開(成人映画・映倫番号 15918) - 主演[24]、72分の16mmフィルムが現存[24]
  • 女犯系図』 : 監督向井寛、製作向井プロダクション、1969年7月公開(成人映画・映倫番号 15961) - 出演[2]
  • 肌のもつれ』 : 監督佐々木元、製作北都プロダクション、配給葵映画、1969年8月18日審査・同月公開(成人映画・映倫番号 不明) - 主演、69分の16mmフィルムが現存[22][23]
  • 情欲の鞭』 : 監督武田有生、製作北都プロダクション、配給葵映画、1969年9月20日審査・10月公開(成人映画・映倫番号 不明) - 出演、60分の16mmフィルムが現存[22]
  • 絶品の悪女』 : 監督渡辺護、製作日本芸術協会、1969年10月20日審査・公開(成人映画・映倫番号 不明) - 出演[2]
  • 『嫉妬』 : 監督向井寛、製作日本芸術協会、1969年公開(成人映画・映倫番号 不明) - 出演[2]
  • 近世毒婦伝 少女地獄責め』(『少女・地獄責め』[20]) : 企画朝倉大介、製作・監督向井寛、製作・配給国映、1971年3月27日審査・4月公開(成人映画・映倫番号 16745)
  • 団地妻㊙研究会』 : 監督向井寛、主演大月麗子、製作向井プロダクション、配給東映、1973年3月3日公開(成人映画・映倫番号 17544)

ビブリオグラフィ編集

国立国会図書館蔵書等にみる書誌である[4]

  • 100万人のよる』昭和37年12月号、季節風書店、1962年12月発行 - 表紙
  • 「火鳥こずえの魅力が演じる“冬の宿の若妻”」 : 『実話と秘録』ピンク映画盛衰記特集号・昭和41年4月増刊号所収、明文社、1966年4月発行
  • 『キューティ画報』1966年10月創刊号、1966年10月発行 - 表紙
  • 「地下室映画の女王・エロダクション看板スターアルバム」飛鳥公子・火鳥こずえ : 『甘い写真』昭和41年11月号所収、プレイグラフ社、1966年11月発行
  • カラー・グラビア : 『別冊近代映画』昭和41年11月号所収、近代映画社、1966年11月発行
  • 『別冊スクリーン 世界のグラマー100人集』昭和41年12月号臨時増刊、近代映画社、1966年12月発行
  • 「ネオン川の非情に傷ついた夜の蝶」火鳥こずえ : 『カメラ・アングル』昭和42年6月緑風特大号所収、辰巳書房、1967年6月発行
  • 単色カラー・グラビア : 『別冊夫婦生活』1970年6月号所収、手帖社、1970年6月発行
  • 「ポルノ専科 可愛いコちゃん30人体当り面接調査」 : 『週刊プレイボーイ』昭和46年12月7日号所収、集英社、1971年12月7日発行、p.20-26.

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 田中[1976], p.85-86.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w キネ旬[1980], p.196.
  3. ^ a b c d e f g h i j 火鳥こずえjlogos.com, エア、2014年7月28日閲覧。
  4. ^ a b c 国立国会図書館サーチ検索結果、国立国会図書館、2014年7月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 火鳥こずえ東京国立近代美術館フィルムセンター、2014年7月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 火鳥こずえ、日本映画情報システム、文化庁、2014年7月28日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 火鳥こずえ日本映画製作者連盟、2014年7月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k 火鳥こずえKINENOTE, 2014年7月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 火鳥こずえ日本映画データベース、2014年7月28日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h Kozue Katoriインターネット・ムービー・データベース (英語)、2014年7月28日閲覧。
  11. ^ a b [1]季節風書店、1962年12月発行、2014年7月28日閲覧。
  12. ^ a b 足立平沢[2003], p.513.
  13. ^ a b 渡辺護、向井寛の初期作品について語る渡辺護井川耕一郎、プロジェクトINAZUMA, 2012年12月26日付、2014年7月28日閲覧。
  14. ^ ピンク映画メモリー久保新二、2012年9月15日付、2014年7月28日閲覧。
  15. ^ a b キネ旬[1980], p.110.
  16. ^ 女浮世風呂 - KINENOTE, 2014年7月28日閲覧。
  17. ^ ある色魔の告白 色欲の果て - KINENOTE, 2014年7月28日閲覧。
  18. ^ 秘帳 女浮世草紙 - KINENOTE, 2014年7月28日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g 年鑑[1967], p.326-333.
  20. ^ a b c d 年鑑[1973], p.138, 169.
  21. ^ a b 上映プログラム神戸映画資料館、2009年9月付、2014年7月28日閲覧。
  22. ^ a b c d 60年代まぼろしの官能女優たちPART IIラピュタ阿佐ヶ谷、2014年7月28日閲覧。
  23. ^ a b c 上映プログラム、神戸映画資料館、2011年9月付、2014年7月28日閲覧。
  24. ^ a b c d e 上映プログラム、神戸映画資料館、2011年10月付、2014年7月28日閲覧。
  25. ^ 西原・円尾[2002], p.300, 303, 321.
  26. ^ a b c 平成16年度 独立行政法人国立美術館 事業実績統計表独立行政法人国立美術館、2014年7月28日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

画像外部リンク
  愛欲のいけにえ
1965年12月公開
青年群像国映
  避妊革命
1967年2月21日公開
若松プロダクション日本シネマ
  生首情痴事件
1967年5月31日公開
大蔵映画
  徳川女系図
1968年5月1日公開
東映京都撮影所東映
  現代くノ一肉地獄
1968年10月公開
向井プロダクション関東ムービー配給社
  女色のもつれ
1968年11月公開
東京芸術映画協会・関東ムービー配給社)