メインメニューを開く

向井 寛(むかい かん、1937年10月16日 - 2008年6月9日)は、日本映画監督脚本家映画プロデューサー実業家である。映画製作会社向井プロダクション獅子プロダクションを主宰し、映画の製作とともに、滝田洋二郎をはじめ、多くの人材を輩出した。本名は向江 寛城(むかえ ひろき)、筆名の読み「-ひろし」は誤り。映画プロデューサーとしては、向井 寛城とも名乗り、新東宝映画でのプロデュース作では伊能 龍(いのう りゅう)と名乗った。

むかい かん
向井 寛
本名 向江 寛城 むかえ ひろき
別名義 カン・パトリック
伊能 龍 いのう りゅう
生年月日 (1937-10-16) 1937年10月16日
没年月日 (2008-06-09) 2008年6月9日(70歳没)
出生地 満州国の旗 満州国
(現中華人民共和国の旗 中国 遼寧省大連市
死没地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー実業家
ジャンル 映画、とくにピンク映画
活動期間 1962年 - 2004年
配偶者 内田高子
著名な家族 向江寛尚 長男
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1937年(昭和12年)10月16日満州国(現在の中華人民共和国遼寧省大連市に生まれる[1]第二次世界大戦後、日本に引き揚げる。

九州大学経済学部に進学、中退[1]して映画界に進み、助監督として今井正佐伯清野村浩将吉田功に師事した[1]。1964年(昭和39年)、教育映画『二人の少年』で監督に昇進した[1]。以降、200本を監督し、500本を製作した[1]東映系の洋画配給会社・東映洋画は、アメリカハードコア映画ディープ・スロート』を輸入したが、ハードコア映画のため税関でズタズタにカットされ、元々短い映画が公開不能になった。このとき国内でオリジナルシーンを撮り足す編集を向井に頼んだ[2]。結局『ディープ・スロート』は『ミス・ジョーンズの背徳』とくっつけ1975年8月に公開したが、向井に大きな権限を与えた。これを機に向井は東映から500万円ポルノを大量に発注しユニバースプロを設立、これが後に獅子プロダクションへと移行し片岡修二滝田洋二郎らを育てた[2]。1977年、東映セントラルフィルムが設立されると向井はセントラル・アーツ黒澤満とともにプロデューサーとして活躍。山本晋也監督『生贄の女たち』(1978年)、『下落合焼とりムービー』(1979年)や若松孝二監督の『餌食』(1979年)などをプロデュース。不遇だったピンク映画出身監督に一般映画制作のチャンスを与える先例となった[2]。1980年前後にはカン・パトリックほかの名義でアメリカ人女子留学生らを使ったポルノ映画も監督している。これらはすべて日本人スタッフで国内撮影されたが、配給会社はアメリカ映画として公開した。

獅子プロダクションの総帥として、最盛期には年50本以上のピンク映画をプロデュースし、多くの映画監督・カメラマンを育て上げた。主な弟子は滝田洋二郎佐藤寿保瀬々敬久いまおかしんじ田尻裕司

2008年(平成20年)6月9日、東京都内の病院で肝不全により死去した。満70歳没。長男はプロゴルファーの向江寛尚

おもなフィルモグラフィ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 向井寛日本映画監督協会公式サイト。
  2. ^ a b c 杉作J太郎・植地毅(編著)『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』徳間書店、1999年、252-255頁。ISBN 4-19-861016-9

外部リンク編集