兵士

国家の軍隊の軍人やそれに準ずる戦闘組織の構成員
兵卒から転送)

兵士(へいし)は、古代から現代まで国家の軍隊軍人や、それに準ずる戦闘組織の構成員であり、将官や将校といった指揮官からの命令に従って任務をこなす。個人や部族社会の戦士とは異なり、公然と戦闘のために組織に属している場合に使われる。

日本古代律令制においては、中国兵制を参考に編成され、人員を年齢別に記載した戸籍である正丁から一定の割合で徴発された。兵士は軍団に所属し、有事の際の出兵や辺境防備のための防人衛士として各地へ派遣された。792年(延暦11年)に一部を除いて原則的に廃止され、任務は健児に継承される。

日本語兵士は近代軍隊における、上位の下士官士官に対する兵卒を指すことが多い。あるいは朝鮮人日本兵を指すときのように、軍人軍属の総称として用いられることもあり、いずれにせよ制度的な用語ではない。士官と下士官兵を併せて将兵将士と呼ぶことがある。

目次

兵卒編集

現代では「兵卒」が兵士と同義の単語として使われている。

本来は、「」は戦闘要員であり、「」は兵を支援する者を指した。

兵士の分類編集

近代以降の兵士について大まかな分類を列挙する。

従軍の理由編集

  • 国家の徴兵制や組織の強制徴募によって従軍する徴募兵。
  • 自発的意思で募兵に応じる志願兵
  • 正規の軍人としてではないものの、自発的意思で従軍する義勇兵
  • 民間人が銃を取って戦闘に加わる民兵

年齢編集

少年兵、老兵など。特に幼い少年兵は正規の少年兵と区別するため、子ども兵士(チャイルドソルジャー)などとも呼ばれる。

軍歴編集

新兵、熟練兵、古参兵など。退役した兵士は単に退役軍人と呼ばれることが多いが、予備役についている兵士は予備役兵と呼ばれる。

兵種編集

歩兵騎兵砲兵工兵憲兵水兵など、所属する部隊の種類によって大別される。

技能編集

衛生兵など特技を習得している兵士に専門の呼称が与えられることがある。

役割編集

斥候狙撃兵、守備兵、警備兵など果たしている役割で呼ばれる場合の呼称。

ソルジャーの語源編集

ソルジャー(英語:soldier)の語源は、「ローマ時代のソリドゥス金貨を支払った者」を指すラテン語から来ている[1][2]

出典編集

  1. ^ soldier(Online Etymology Dictionary)
  2. ^ English Etymology 著者: George William Lemon soldier項

関連項目編集