兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー

兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー(ひょうごけんりつびじゅつかん はらだのもりぎゃらりー)は、兵庫県神戸市灘区原田通にある美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー
140621 Hyogo Prefectural Museum of Art Annex Kobe Japan02s5.jpg
兵庫県立美術館 原田の森ギャラリーの位置(神戸市内)
兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー
神戸市内の位置
施設情報
前身 兵庫県立近代美術館
専門分野 美術
事業主体 兵庫県
管理運営 兵庫県芸術文化協会
年運営費 64,654,000円(06年度)
延床面積 10,433m2
開館 2002年10月1日
所在地 657-0837
兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

建物は建築家村野藤吾最初の美術館作品である兵庫県立近代美術館として1970年竣工、近代美術館の主要コレクションは2002年4月にHAT神戸に誕生した兵庫県立美術館「芸術の館」に継承された。現在は「芸術の館」の分館「原田の森ギャラリー」として、美術団体の活動や情報収集、交流の場となっている。

西館として利用されていた建物は、改修されたうえで2012年11月3日より同一の事業主体、管理者による横尾忠則現代美術館となった。

沿革編集

  • 1970年昭和45年)10月 - 兵庫県立近代美術館として開館[1]
  • 1982年(昭和57年)9月 - 西館の開館
  • 1988年(昭和63年)8月 - 東館の開館
  • 2001年平成13年)9月25日 - 新美術館への移転準備のため休館[注釈 1]
  • 2002年(平成14年)10月1日 - 兵庫県立美術館王子分館 原田の森ギャラリーとしてリニューアルオープン
  • 2011年(平成23年)4月 - 改修工事のため西館を閉館
  • 2012年(平成24年)11月3日 - 西館は、横尾忠則現代美術館として開館
  • 2017年(平成29年)4月 - 本館・別館の耐震補強工事を終え、リニューアルオープン

主な施設編集

  • 本館 - 1Fサロン、ミュージアムカフェ、ミュージアムショップ、2F展示室
  • 東館 - 1F展示室、2F展示室
  • 別館 - 講堂、会議室×2、実技室

建築概要編集

  • 設立 - 1970年
  • 竣工 - 1970年
  • 設計 - 村野藤吾
  • 延床面積 - 10,433m2
  • 所在地 - 〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30

交通編集

周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2002年(平成14年)4月6日に兵庫県立美術館として、神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)に移転オープンする。安藤忠雄の設計による美術館。

出典編集

  1. ^ 原田の森ギャラリーについて”. 公益財団法人 兵庫県芸術文化協会. 2020年8月2日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯34度42分31秒 東経135度12分50秒 / 北緯34.70861度 東経135.21389度 / 34.70861; 135.21389