内田 かずひろ(うちだ かずひろ、1964年 - )は、日本漫画家。代表作に『ロダンのココロ』。絵本挿絵も手掛ける。福岡県出身[1]日本児童教育専門学校卒業。1989年第11回クレヨンハウス絵本大賞優秀作品賞受賞。1990年に漫画家デビュー。

2021年2月、インターネット上で、一時ホームレス状態になったことを公表し[1]、それを知ったつくろい東京ファンドの個室シェルターにはいった[2]

作品リスト編集

漫画・絵本編集

イラストのみ担当編集

  • 『子どものための哲学対話』(永井均著、内田かずひろ イラスト、講談社文庫、2009円)ISBN 978-4062764483
  • 『はやくちまちしょうてんがい はやくちはやあるきたいかい』(林木林 著、内田かずひろ イラスト、 偕成社、2013年)ISBN 978-4033320908
  • 『しっぽのはえたパートナー-盲導犬ミントと触れた街角の福祉』(星野有史 著、内田かずひろ イラスト、 法研、2015年)
  • 『みんなふつうで、みんなへん。』(枡野浩一 著、内田かずひろ イラスト、あかね書房、2021年)ISBN 978-4251044754

CM編集

キャラクターデザイン編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 内田かずひろ” (日本語). 偕成社 | 児童書出版社 (2017年7月9日). 2021年2月13日閲覧。
  2. ^ ロダンの漫画家がホームレスになって 内田かずひろさん:朝日新聞デジタル
  3. ^ Inc, Natasha (2009年7月15日). “「ロダンのココロ」内田が枡野浩一と新宿で語り合う” (日本語). コミックナタリー. 2021年2月14日閲覧。

外部リンク編集