石原良純

日本の俳優 (1962-)

石原 良純(いしはら よしずみ、1962年昭和37年)1月15日 - )は、日本タレント俳優司会者気象予報士。本名同じ。愛称は「まゆ毛」[注 1]「よっちゃん」「ずみさん」[注 2]「ニンデマン」[注 3]など。石原裕次郎が社長を務めていた石原プロモーション所属を経て、現在は湘南ブラザース所属。

いしはら よしずみ
石原 良純
石原 良純
本名 同じ
生年月日 (1962-01-15) 1962年1月15日(62歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県逗子市
身長 182 cm
血液型 A型
職業 タレント俳優気象予報士
活動期間 1982年 -
配偶者 あり(医師
著名な家族 石原慎太郎(父・元衆議院議員・元東京都知事
石原典子(母)
石原裕次郎(父方の叔父・俳優)
石原伸晃(兄・自由民主党元衆議院議員)
田中理佐(義姉)
石原宏高(弟・自由民主党衆議院議員)
石原延啓(末弟)
事務所 湘南ブラザース
公式サイト 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
西部警察 PART-III
太陽にほえろ!
ナースのお仕事
新・愛の嵐
どんど晴れ
バラエティ番組
中井正広のブラックバラエティ
ぴったんこカン・カン
ザワつく!金曜日
テンプレートを表示

来歴 編集

1962年1月15日、石原慎太郎の次男として誕生し[1]神奈川県逗子市で育つ。父の石原慎太郎は芥川賞作家でありかつ政治家で有名人で、叔父の石原裕次郎も映画の大スターという環境で育つことになった。良純が育った家庭の独特の雰囲気、家庭内の父親の素顔、家族間の力関係、親族としての石原裕次郎など(たとえば、父・慎太郎の家庭内での威張りぶりや、献身的な母の存在や、良純と兄弟たちの家庭内での扱われ方、甥の立場から見た映画スター裕次郎の素顔など)については、良純による著書『石原家の人びと』(新潮社、2001年)で語られている[注 4]。なお兄の石原伸晃や弟の石原宏高も、後に父同様に政治家となる(詳細は#家族・親族の節で説明)。

聖マリア幼稚園、慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部サッカー部所属)、慶應義塾高等学校合気道部所属)で学び、慶應義塾大学経済学部経済学科に進学し、同大学を卒業。大学では親しい先輩に誘われ、村井俊雄の金融論のゼミに入っていた[2][3]

大学在学中の1982年、叔父の石原裕次郎が入院していたのを見舞ったことが切っ掛けで、映画関係者から役者デビューの誘いを受ける[4]。同年、石原プロモーションに入社し、映画『凶弾』で、新人ながら主役に抜擢されデビュー。本作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞[5]。以降、『西部警察 PART-III』や『太陽にほえろ!』などに出演。その後、1989年に石原プロを退社[6]

1997年森田正光にすすめられて気象予報士を志し、気象予報士試験に合格。同年、「★☆北区つかこうへい劇団」に、俳優を目指す一般の若者たちと一緒に入団した。以降はタレント・役者として活動する一方、FNNスーパーニュースで10年以上にわたり関東ローカルの天気コーナーを担当するなど、お天気キャスターとしても人気を博した。オリコンが行っている「好きなお天気キャスター、気象予報士」というアンケートでは、2004年から総合部門・男性部門で1位を3年連続で獲得した[7]

2002年9月に皮膚科医と結婚して、一男一女をもうけている[8]

伊豆七島神津島をPRする島じまん親善大使[9]、なると大使[9]、カニカマ大使[10]、細工かまぼこ大使[10]、笹かま大使[10]、ちくわ大使[10]、はんぺん大使[10]、きりたんぽ大使、さきイカ大使、蕨大使、駒込大使、アペリティフの日親善大使を務める[11]

また、2018年(平成30年)10月12日より地元逗子市逗子市広報大使を務めている[12]

人物 編集

地図ダム灯台山脈鉄道が好きで、が苦手。

兄の石原伸晃は「良純がうちの家系で一番IQが高い。だから何を考えているのか想像がつかない」と評している。各方面からは石原4兄弟の中では、良純が政治家に一番向いていると評されているが、本人は政治家になる意思は無いと断言している。

感情がかなり豊かで、短気で、人の不幸を大笑いする癖がある。本人曰く「怒っているのではなく、主張する時は誰でも声が大きくなる」「人が不幸な目に遭ってる時には誰かが笑ってあげないと可哀想じゃん」と主張している。怒っているような時に「じゃあそういうことはやめた方がいい」と正論を言われると子供のようにムキになるが、結局論破されて涙目になることもある。当然本当に笑えない程の不幸な時には笑わないが、代わりに低いトーンで冷静に分析し、自分の意見を明確に伝える。本人曰く「こういう話し方の時は本気で怒っている」という。

逗子市内の洋菓子店珠屋ファンを称する[13]

1990年頃 気象予報士の資格を取得する。

家族・親族 編集

父の石原慎太郎(1932-2022)は大学在籍中の1956年に『太陽の季節』で第34回芥川賞を受賞し作家デビューし人気作家となり、当時の若者に「太陽族」という大きなムーブメントも引き起こし、戯曲も書き劇団を率いて日比谷の日生劇場で演劇作品も上演していた人物で、なおかつ政治信条も持ち政治家ともなり参議院議員や衆議院議員となり環境庁長官や運輸大臣の責も担い、さらに東京都知事の職を4期(第14 - 17代)に渡り務めた人物で、にもかかわらず当人は政治家というよりむしろ作家としての自覚を持ち続け、生涯に渡り執筆活動を続けた人物で、強烈な個性の持ち主[注 5]

兄の石原伸晃は、政治家となり元衆議院議員で行政改革担当大臣規制改革担当大臣国土交通大臣自民党幹事長環境大臣経済再生担当大臣内閣府特命担当大臣経済財政政策)などを務めた。末弟の石原宏高も政治家となり、衆議院議員で元外務大臣政務官。弟の石原延啓画家となった(なお父・慎太郎は、世間では作家や政治家の面ばかりに注目が集まり他の面が忘れられているが、実は絵の才能もあり、慎太郎は自分で描いたイラストやデッサンを集めた画集を出版したこともある。延啓は父・慎太郎の美術面での才能を引き継ぎ、発展させる役となった)。

叔父(父・慎太郎の弟)の石原裕次郎は映画の大スターであり歌手でもあり、石原プロモーション(石原軍団)の創立者・社長ともなり映画『太平洋ひとりぼっち』を製作しなおかつ主役も演じ芸術祭賞を授与され、三船敏郎を口説き映画『黒部の太陽』を製作し大ヒットさせ、またテレビドラマ『太陽にほえろ!』でも、俳優たちや製作スタッフらを率いるだけでなく "警視庁七曲警察署捜査第一課" の藤堂係長(ボス)も演じ同ドラマをヒットさせ、14年も続くテレビドラマ(1972年から1986年まで放送)にした人物。義叔母(石原裕次郎夫人)は石原まき子(元女優、北原三枝)。兄・石原伸晃の夫人(義姉)は女優・タレント田中理佐(現在の本名は石原里紗)。

遠戚

「新幹線の父」と言われた十河信二(第4代日本国有鉄道総裁)、物理学者の小柴昌俊ノーベル物理学賞受賞者)、斎藤友佳理(バレリーナ)が遠戚にいる[14]

小泉純一郎(第87代内閣総理大臣)とその息子の小泉孝太郎(俳優)・小泉進次郎(政治家)兄弟も遠戚にあたる[14]

逸話 編集

  • 中井正広のブラックバラエティ(日本テレビ系列)にて当時父親が都知事だったが、その事をよくイジられていた。また、番組で父親と共演している浅草キッドに対して「うちの親父、ワガママでしょ?」と聞き、水道橋博士から「もぅね、あんなワガママな人見た事ないですよ」と言われ「それに関しては僕は何も言えない」と閉口していた。
  • 2018年8月9日放送の櫻井・有吉 THE夜会(TBS系列)では、案内したゲストの中村倫也より先にそばを食べ始めたり、同じくゲストの木村文乃の購入した食器がスタジオに到着した際に(木村が海外で購入したが、店主が伝票を無くしてしまったため、番組が取材するまで本人に届いていなかった。)石原が手にしたマグカップが割れており、良純は「僕が割ったんじゃない」と必死に木村に訴えたものの、木村は仏頂面で首を振るなど、スタジオの一同に「石原が割った」と思われてしまい、「めっちゃ恨まれてんじゃん俺!」と嘆いていた。

出演番組・作品 編集

テレビ番組 編集

現在の出演番組 編集

レギュラー出演
不定期出演

過去の出演番組 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

オリジナルビデオ 編集

  • 狙撃3 THE SHOOTIST(1991年、東映ビデオ) - 江藤 役
  • おんな犯科帳〜江戸拷問刑罰抄〜1,2(1995年、キングレコード)全2作 - 北町奉行所牢屋見廻り同心 塩谷小十郎 役
  • 新 第三の極道VI マフィアの戦慄(1997年) - 藤堂組川越組若頭 江島 役

舞台 編集

ラジオ 編集

CM 編集

その他 編集

著書 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ この愛称は『中井正広のブラックバラエティ』で呼ばれることが多かった。
  2. ^ 熱血!平成教育学院』で主にユースケ・サンタマリアが用いている。
  3. ^ クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』のコーナー「英語ケシマス」において、「『マ』から始まる英単語に英訳せよ」という問題に対し正解となる単語が見つからず、無理やり「にん」を「マン(Man)」に訳して解答しようとしたエピソードから。
  4. ^ なお、父・慎太郎の散骨式を描いた原稿を新たに加えた新潮文庫版(2022年)も出版されている。
  5. ^ 慎太郎が強烈な個性の持ち主、というのは良純が慎太郎を評して言っていたこと。

出典 編集

  1. ^ 石原慎太郎さん次男良純氏「父は皆さんの夢を託されて生きた人間」式典に先立ち4兄弟がコメント”. 日刊スポーツ (2022年6月9日). 2022年6月10日閲覧。
  2. ^ 【塾員インタビュー】石原良純 塾生新聞 2017/4/3
  3. ^ プロフィール 公式ページ
  4. ^ 著名人・有識者が語る ~インタビュー~『人生は偶然と出会いの連続 僕はよい出会いに恵まれてきた』俳優・気象予報士 石原良純”. 知るぽると. 2020年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月1日閲覧。
  5. ^ 仕事 公式ページ
  6. ^ 「良純をよろしく」石原慎太郎さん、瞬きしながら自宅で見せた“パパの顔””. 日刊スポーツ (2022年2月1日). 2022年2月1日閲覧。
  7. ^ この記事のバックナンバーへ
  8. ^ 2011年7月17日放送 誰だって波瀾爆笑 石原良純”. TVでた蔵 (2011年7月17日). 2018年2月28日閲覧。
  9. ^ a b まいど!ジャーニィ〜 2016年4月21日(木)”. gooテレビ (2016年4月21日). 2018年2月28日閲覧。
  10. ^ a b c d e 桂文枝はとろろ芋! ユニークな「◯◯大使」を務める芸能人たち”. 日刊大衆. 双葉社 (2016年2月28日). 2018年2月28日閲覧。
  11. ^ “練り物系”大使の良純、食前酒大使との“ちゃんぽん”に!!”. テレビ朝日 (2006年6月1日). 2018年2月28日閲覧。
  12. ^ 逗子市広報大使”. 逗子市. 2023年9月27日閲覧。
  13. ^ 地元民から愛される老舗洋菓子店”. 逗子市. 2023年9月27日閲覧。
  14. ^ a b “石原良純 新幹線の父・元首相・ノーベル賞受賞者…“大物親戚”続々判明に「ちゃんと生きないと」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2022年8月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/10/kiji/20220810s00041000633000c.html 2022年8月12日閲覧。 
  15. ^ “石原良純「言ってみるもの」NHK高校講座地理出演”. 日刊スポーツ. (2018年4月6日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201804060000453_m.html?mode=all 2018年4月22日閲覧。 
  16. ^ 池上彰と学ぶ なるほど!富士山7つの秘密”. 静岡朝日テレビ. 2019年2月1日閲覧。
  17. ^ 駅総選挙 鉄道ファンがガチ投票”. テレビ朝日. 2022年8月8日閲覧。
  18. ^ 裕さんの女房”. NHK (2021年4月17日). 2021年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。
  19. ^ “WOWOWの新感覚モキュメンタリーに濱津隆之、荻野由佳、安藤優子、行定勲ら出演”. 映画ナタリー. (2021年2月18日). https://natalie.mu/eiga/news/416741 2021年2月19日閲覧。 
  20. ^ 新進気鋭のクリエイターが世の中に問う新感覚モキュメンタリー「ザ・モキュメンタリーズ ~カメラがとらえた架空世界~」WOWOWで3月から配信決定!』(プレスリリース)株式会社WOWOW、202-02-18https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005900.000001355.html2021年2月19日閲覧 

外部リンク 編集