内藤 ジュリア(ないとう ジュリア、永禄9年(1566年) - 寛永4年2月11日1627年3月28日))は、安土桃山時代から江戸時代にかけての女性。キリシタン

経歴編集

父は松永長頼、母は内藤国貞の娘。兄に内藤如安。夫は丹波国人という。1587年に夫は死去したという。一度は仏門に入ったものの、文禄4年(1595年)にキリスト教に改宗。大名夫人たちへの布教活動を行い、主な人物としては豪姫を改宗させた[1]慶長11年(1606年)に日本で初めての女子修道会ベアタス会を京都に設立する[1]

慶長19年(1614年)、禁教政策により兄・如安や高山右近らと共に呂栄(ルソン島)に追放される。配流後も日本女性13人と聖ミカエル会(旧・修道女会)を結成して一生を神に捧げた[2]

寛永4年(1627年)死去[2](62歳)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 立石 1988, p. 369.
  2. ^ a b 海老沢 1989, p. 233.

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』 新人物往来社、1987年。 
  • 松田毅一「丹波八木城と内藤如庵について」『COSMICA』VII、1977年。
  • 海老沢有道『高山右近』吉川弘文館〈人物叢書〉、1989年(原著1958年)、新装版。
  • 立石定夫『戦国宇喜多一族』新人物往来社、1988年。
  • 福島克彦 「丹波内藤氏と内藤ジョアン」、中西裕樹編 『高山右近 キリシタン大名への新視点』 宮帯出版社、2014年。