メインメニューを開く

内藤 頼以(ないとう よりもち)は、江戸時代後期の大名信濃高遠藩の第6代藩主。高遠藩内藤家11代。

 
内藤頼以
時代 江戸時代後期
生誕 安永5年4月22日1776年6月8日
死没 安政3年2月12日1856年3月18日
改名 銀次郎(幼名)、勝友(初名)→頼以
墓所 東京都新宿区新宿の太宗寺
官位 従五位下、大和
幕府 江戸幕府
信濃国高遠藩
氏族 板倉氏内藤氏
父母 父:板倉勝矩、養父:内藤長好
兄弟 板倉勝長頼以
正室:稲葉正誼の娘
頼敦頼容頼寧
テンプレートを表示

安永5年(1776年)、陸奥福島藩主・板倉勝矩の没後にその五男として生まれる。寛政3年(1791年)12月、高遠藩主内藤長好が嫡子をもうけぬまま死去したため、その養子となって家督を相続する。寛政4年1月27日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下大和守に叙任する。文化5年(1808年)6月24日、奏者番に就任する。文政2年9月16日、奏者番を辞任する。文政3年(1820年)に隠居し、三男・頼寧に家督を譲った。通称を左京亮に改め、後に静翁と号した。安政3年(1856年)没した。

関連項目編集