メインメニューを開く

内野 儀(うちの ただし、1957年10月22日 - )は、日本の演劇研究者、学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科教授アメリカ演劇専攻。

人物編集

京都府生まれ。ユージン・オニールからパフォーミング・アーツに至る20世紀米国演劇が専門だが、AICT国際演劇評論家協会日本センター事務局長、『シアターアーツ』編集委員を務め(現在はAICT国際演劇評論家協会日本センターから退会)、野田秀樹にインタビューするなど、小劇場以降の日本演劇にも造詣が深い。

略歴編集

広島学院高等学校卒、1981年東京大学文学部英文科卒業、84年同大学院博士課程中退、岡山大学専任講師。1986-1987年、ニューヨーク大学留学。1991年明治大学助教授、1992年東京大学教養学部助教授[1]、2006年教授。2017年4月より学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科教授。

  • 博士学術)(東京大学、2002年)学位論文「メロドラマからパフォーマンスへ : 20世紀アメリカ演劇論」

著書編集

  • 『メロドラマの逆襲 「私演劇」の80年代』勁草書房 1996
  • 『メロドラマからパフォーマンスへ 20世紀アメリカ演劇論』東京大学出版会 2001
  • Crucible Bodies: Postwar Japanese Performance from Brecht to the New Millennium、Palgrave Macmillan, 2009
  • 『「J演劇」の場所 トランスナショナルな移動性へ』東京大学出版会 2016

共著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『駒場2001』