メインメニューを開く

出沢 明(でざわ あきら)は、日本整形外科医師である。帝京大学教授

でざわ あきら
出沢 明
出身校 千葉大学医学部
職業 整形外科医
活動期間 1987年 - 整形外科医
活動拠点 玉川 (世田谷区):医療法人 明隆会 出沢明PEDクリニック
登戸 (川崎市):向ヶ丘PEDスポーツクリニック
公式サイト

出沢明PEDクリニック

日経私の道しるべ 出沢明

NEXT ERA LEADER'S 出沢明

略歴編集

千葉大学卒業後、国立横浜東病院整形外科院長、千葉市療育センター通園センター長、帝京大学講師助教授を歴任。 2004年帝京大学教授同大学付属溝口病院副院長補佐兼整形外科長就任。

2003年「経皮的内視鏡腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PED=ペッド)」を日本に紹介。 これまでヘルニアの摘出には「内視鏡腰椎椎間板摘出術(MED=メッド)」と呼ばれるものが多用された。 このMEDは、全身麻酔をかけて切開し、16㎜の傷口から内視鏡を使って摘出するが、入院・加療・静養には1週間以上が必要とされていた。

出沢が紹介したPEDと呼ばれる切開手術法は、患部に局所麻酔をすることによって、切開する面積は従来のMEDから半分程度で済み、特殊なピンセット状のもので、狭い場所にあるヘルニアを摘出するとともに、局所への痛み・刺激なども抑えられることから、入院期間が1日程度、加療・静養も短期間で済むと言われている。

また、PEDによる切開手術を施すことによって、ヘルニアの再発防止が期待されている。通常、椎間板には再生能力がなく、MED手術をすると、その痕は広がったままの状態であり、髄核が再び飛び出し、5-10%は再発してしまうが、PEDだと、切開する範囲も小さいため、再発の予防につなげることができるという。テレビ番組などでも数多く特集されている。