メインメニューを開く

出羽の洲 聖(でわのしま ひじり、1962年11月3日 - )は東京都新島本村(現:新島村)出身で出羽海部屋に所属した元大相撲力士。本名は前田 聖(まえだ ひじり)。身長189cm、体重150kg。最高位は東十両7枚目(1982年11月場所)。

目次

人物編集

中学卒業後の1978年3月場所に出羽海部屋から初土俵。同期生には横綱大乃国幕下付出デビューの大関朝潮関脇水戸泉小結琴稲妻幕内起利錦若瀬川などがいる。入門時より期待され、18歳で十両に昇進した同期生の若瀬川とは親友であった。1982年9月場所に19歳で十両に昇進し、9勝6敗と勝ち越す。「幕内は間違いなし、末は大関」と将来を嘱望された。しかし、翌1982年11月場所に自己最高位で3勝12敗と大敗してからは幕下生活が長く続き、その間三度の幕下優勝を飾るものの、十両復帰を果たせないでいた。1988年5月場所、33場所振りに十両へ復帰。再十両は連続5場所務めたが、1989年1月場所に1勝14敗の大敗を喫し再度幕下に陥落。陥落場所の1989年3月場所は4勝3敗と勝ち越したものの、場所後に心臓疾患が見つかった。そのため翌1989年5月場所を全休しそのまま26歳で廃業した。

エピソード編集

  • 同じ出羽海部屋の弟弟子である小結小城錦取的時代の一時期「小城ノ洲(おぎのしま)」と名乗っていたが、小城ノ洲の「洲」は出羽の洲本人の四股名が由来。

主な戦績編集

  • 生涯戦績 270勝233敗22休(68場所)
  • 十両戦績 43勝62敗(7場所)

各段優勝編集

  • 幕下優勝3回(1985年1月場所、同年9月場所、1987年1月場所)

関連項目編集