メインメニューを開く

森 雅守(もり まさもり、1858年4月4日安政5年2月21日) - 1894年(明治27年)5月20日)は、日本の陸軍軍人上原勇作楠瀬幸彦と三羽烏と謳われた秀才であったが、イタリアで自殺した。最終階級は陸軍砲兵少佐

森 雅守
生誕 1858年4月4日
陸奥国若松
死没 (1894-05-20) 1894年5月20日(36歳没)
イタリアエルバ島
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1879 - 1894
最終階級 陸軍砲兵少佐
テンプレートを表示

生涯編集

会津藩藩士森裕衛の長男として、若松に生まれた。旧名は寅之助[1]。幼少時代から勉学に優れ、斗南時代には知藩事松平容大)の嘉賞を受ける[2]柴五郎とともに青森県県庁の給仕となり、両人は上京の機を窺っていた[3]。志を達した森は幼年学校生徒に合格した[* 1]。森は陸士旧3期で、1879年(明治12年)に砲兵少尉に任官している。士官学校の卒業はその翌年で、楠瀬幸彦上原勇作が砲兵科、工兵科の首席であった[4]が、森も優等卒業者で、三羽烏と称された[5]1881年(明治14年)には楠瀬、上原と共にフランス留学を命じられ、森はフランス陸軍砲兵連隊で戦術を学んだ。

4年後に帰国し、抜擢[5]によって砲兵射的学校教官兼教導中隊長に就任。1890年(明治23年)に少佐へ進級し砲兵第五連隊大隊長(第5師団)となり、友人の上原と再び轡を並べる。上原、楠瀬、柴らが参謀本部に引き抜かれる一方で東京砲兵工廠検査官となる。1892年(明治25年)には別役成義の次女幸重と結婚[6]。その翌年にイタリアへ留学し、観測器(火薬とも)の研究に従事するが行方不明となり、エルバ島のホテルで自決しているのが発見された。森は軍服の正装姿であった[5]が、原因は発狂[2]とされる。新知識者の中でただ一人、川上操六に見出されなかったことが原因とも言われている。

森には三人の弟がおり、森の死後、上原の支援を受けた。次弟の雅治は島田泰夫内務省大書記官)の養子となり司法省法学校時代に病没。三弟の左武は歩兵少佐として日露戦争で戦死。末弟の梧六は日露戦争青島攻略戦を経て砲兵大佐となり、予備役後は第二高等学校図書主任を務めた[7]。日露戦争中、上原が夫人に宛てた手紙に左武や梧六の安否が記載されている。梧六の後妻は古谷清陸軍中将の妹である[7]

脚注編集

注釈
  1. ^ 柴に一年遅れたが、二人は同期生となり、また兵科も同じであった。
出典
  1. ^ 『ある明治人の記録』77頁
  2. ^ a b 『明治過去帳』「森雅守」
  3. ^ 『ある明治人の記録』82頁
  4. ^ 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』595頁
  5. ^ a b c 『海を越えた日本人名事典』「森雅守」
  6. ^ 東廠より 森砲兵少佐結婚願の件”. JACAR C07050403500、明治25年「伍大日記 5月」(防衛省防衛研究所). 2014年5月26日閲覧。
  7. ^ a b 『会津会雑誌第39号』小松八四郎「森梧六君」

参考文献編集

  • 石光真清編著『ある明治人の記録』中公新書、1971年。
  • 大植四郎編 『明治過去帳』 東京美術、1971年。
  • 富田仁編 『海を越えた日本人名事典』 日外アソシエーツ、2005年。