メインメニューを開く

前橋市民球場(まえばししみんきゅうじょう)は、群馬県前橋市前橋総合運動公園内にある野球場。施設は前橋市が所有している。

前橋市民球場
Maebashi Municipal Baseball Stadium
前橋総合運動公園市民球場 スタンド.jpg
施設データ
所在地 群馬県前橋市荒口町437-2 (前橋総合運動公園内)
座標 北緯36度22分41秒 東経139度9分35秒 / 北緯36.37806度 東経139.15972度 / 36.37806; 139.15972座標: 北緯36度22分41秒 東経139度9分35秒 / 北緯36.37806度 東経139.15972度 / 36.37806; 139.15972
開場 1980年
所有者 前橋市
グラウンド 内野:盛土
外野:天然芝
照明 照明塔 - 6基
使用チーム • 開催試合
群馬ダイヤモンドペガサス (2008 - )
収容能力
13,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼 - 91.0 m
中堅 - 122.0 m

目次

施設利用編集

独立リーグ・BCリーグのチームである群馬ダイヤモンドペガサスが発足以来主要使用球場の一つとしている[1]。2014年にチームは高崎市城南野球場を本拠地と定めたが、それ以降に群馬が出場したグランドチャンピオンシップ2014年2016年2018年)の主催試合はすべて当球場で開催されている[2][3][4]

前橋市街地から8km離れた住宅地にあるため、BCリーグでのナイター使用時は応援団の鳴り物禁止や、2時間50分経過後の延長戦は実施しない等独自ルールが存在する。(脚注を参照)

施設概要編集

  • 両翼:91.0m、中堅:122.0m
  • 内野:クレー、外野:天然芝
  • スコアボード:磁気反転式
  • 照明設備:6基
  • 収容人員:13,107人

交通編集

  • JR前橋駅からタクシー20分。
  • JR前橋駅からバス「日赤病院前」経由で約30分、「運動公園入口」下車徒歩10分。
  • 群馬県庁前からバス「中央前橋駅」経由で約30分、「運動公園前」下車。
  • 最寄り駅は両毛線駒形駅だが、駅から球場までは約4.2km、徒歩で60分強。(上記参考リンクを参照)

脚注編集

  1. ^ [1]。 (同市にある上毛新聞敷島球場と区別するため、『前橋』と表記される。上毛新聞敷島球場は『敷島』表記。参考)
  2. ^ 日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2014日程及び概要について - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2014年10月1日)
  3. ^ 日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2016日程及び概要について - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年9月27日)
  4. ^ 日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2018 日程及び概要について - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2018年10月3日)

関連項目編集

外部リンク編集