前田 隆(まえだ たかし、1967年11月25日 -)は、宮崎県延岡市出身の元プロ野球選手内野手/外野手)。右投左打。

前田 隆
Takashi Maeda
Takashi Maeda.jpg
巨人時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県延岡市
生年月日 (1967-11-25) 1967年11月25日(53歳)
身長
体重
183 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手/外野手
プロ入り 1988年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

宮崎県立延岡西高等学校では途中退部するも、素質を見込まれ社会人野球三菱自動車水島へ進み、1988年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツ(巨人)から5位指名され入団。契約金と年俸はそれぞれ4,000万円、450万円(いずれも推定)だった[1]

選手としての特徴編集

現役時代の松本匡史を上回る100m走10秒9の俊足は巨人史上最速と評され、「青い稲妻2世」として1年目から期待されていた[2]。社会人野球では天分だけで盗塁できたが、プロに入って改めてリードやスタートの技術などを学び直したという[2]1991年のシーズンオフには二軍監督末次利光の指示で大相撲玉ノ井部屋に体験入門している[3]。その際、外傷性股関節脱臼と大腿二頭筋、半腱様筋の数十か所を筋膜断裂するという大怪我を負ってしまう。その後、懸命なリハビリを続けて1994年には二軍のシーズン記録となる51盗塁を達成した。キャンプでは毎年のように「巨人の野球を変える男」と期待され続けていた[4]が、一軍公式戦出場はなく1997年に引退。

現役引退後編集

引退後、テレビ番組三宅裕司のドシロウト』(2001年8月14日[5]山口放送日本テレビ系列各局放映[5]。第68回・ゲストテーマ…元プロスポーツ選手[5])に出演し現役時代の思い出や近況を語った[5]。現在は飲食・不動産・スポーツイベントの会社を経営している。また、会社経営と並行してスポーツマネジメントを学びたいという思いから大学進学を決意。2021年4月に産業能率大学の情報マネジメント学部、現代マネジメント学科に入学した。

指導者として編集

2002年に中学硬式野球チームの東京青山リトルシニアを設立し、その後、高校生ドラフト中日ドラゴンズから1位指名を受けた赤坂和幸や元京都アストドリームス荒井蛍らを指導した経験を持ち、現在は副会長としてチーム運営を行なっている。

また、西武ライオンズと読売ジャイアンツで活躍した大久保博元が代表を務めるデーブベースボールアカデミーのプロフェッショナルコーチとしても野球指導を行っている。2020年のプロ野球ドラフト会議(新人選手選択会議)で西武ライオンズから3位指名を受けた山村崇嘉を塾生としてバッティングのコーチをしていた。

読売巨人軍OBスカウト編集

2020年6月27日、読売ジャイアンツの原辰徳監督が兼ねてより構想していた巨人軍全国OBスカウト網が正式に発足し、株式会社読売巨人軍とOBスカウトとしての契約を締結。東京エリアの有望選手の情報を巨人に提供する役割を担う[6]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 97 (1989年 - 1991年)
  • 60 (1992年 - 1993年)
  • 46 (1994年 - 1997年)

脚注編集

  1. ^ 読売新聞、1988年12月3日付朝刊、P.19
  2. ^ a b 読売新聞、1989年3月29日付朝刊、P.43
  3. ^ 読売新聞、1991年12月12日付朝刊、P.31
  4. ^ 読売新聞、1994年3月8日付夕刊、P.3
  5. ^ a b c d 山口放送『三宅裕司のドシロウト』公式サイトより、2001年8月14日放送分の情報を参照。
  6. ^ 読売巨人軍OBスカウトとの契約締結について”. 読売ジャイアンツ (2020年6月27日). 2020年9月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集