京都フローラKYOTO Flora)は、関西地区を拠点とする、日本女子プロ野球機構に所属するプロ野球チーム。2010年から2012年まで京都府を本拠地として活動していた「京都アストドリームス」(きょうとアストドリームス)の継承球団として2013年より活動を開始した。獲得したタイトルは、計3回(ジャパンカップ優勝1回・女子プロ野球年間優勝2回)を誇る。

京都フローラ
創設年度 2010年
所属リーグ

日本女子プロ野球機構

歴代チーム名

京都アストドリームス(2010年 - 2012年)
ウエスト・フローラ(2013年 - 2014年)
京都フローラ(2015年)

本拠地
フランチャイズの遍歴

京都府(2010年 - 2012年、2015年)
西日本(2013年 - 2014年)

永久欠番
獲得タイトル
リーグ年間優勝(2回)

2014年、2015年

リーグ優勝(4回)

2012前、2014西、2015前後

球団組織
監督 松村豊司

目次

概要

前身の京都アストドリームスはリーグ設立当初からの球団で、2009年12月21日に行われた日本女子プロ野球機構の第1回ドラフト会議に合わせてチーム名が発表された。チーム名には「今日と明日の夢に向かって歩き続け、真のアスリートとして成長していこう」という願いが込められている。

所属選手は全員が京都仏眼医療専門学校の夜間部に通っていた。

2013年1月17日のリーグ記者会見での前年までの関西3チームは東日本・西日本各2チームに再編されることが発表されたが、2月14日のホームページリニューアルの際、ウエスト・フローラが京都アストドリームスの継承球団であることが明記された。

2015年より再び明確なホームタウン地域が制定されることに当たり、京都府京都市を主本拠とする「京都フローラ」として再スタートすることになった。[1]

歴史

2010年 - 2012年(京都アストドリームス)

2010年

2009年末に行われたドラフト会議では、もう1球団の兵庫スイングスマイリーズと投手1位、外野手1位で指名競合した小西美加小久保志乃の抽選をともに外すなど、国際大会などの経験豊富な選手を多く兵庫に指名される結果となった。そのため開幕から5連敗を喫するなど兵庫に比べて戦力不足が目立つ試合が続き、当初は1シーズン40試合制で試合をする予定が急遽前後期各20試合の2シーズンに変更される一因となった。しかしその後も京都は劣勢のままでシーズンが進み、兵庫に前期は8ゲーム差、後期も5ゲーム差を付けられてともに2位(最下位)に終わる。

兵庫に入団した小西が投手3冠を達成する一方、京都がドラフト投手1位・2位で指名した駒谷麻妃荒井蛍はいずれも大きく負け越し、防御率も規定投球回到達者の中では最下位とブービーを占め、3位の三浦伊織も投手としてはほとんど出場なしに終わるなど投手登録の選手は総崩れの状態で、野手登録の河本悠大倉三佳が投手陣の軸を務める状況であった。一方、野手では東京ヤクルトスワローズ川端慎吾の実妹にあたる川端友紀が首位打者・最高出塁率の2冠を獲得[2]、また野手としての素質が開花した三浦が川端に次いで打率2位になるなど、投手に比べると明るい材料が多かった。後に三浦は正式に外野手に転向している。

2011年

前年兵庫と京都の間に前後期合わせて13ゲーム差が付いたことから機構は戦力差の是正に乗り出し、2009年はドラフトを経て入団先を決めていたトライアウト合格者を、2010年はあらかじめ機構が入団先を決めて決定後に発表する形式に改め、その結果IBAF女子ワールドカップに2回出場した宮原臣佳が入団した。さらに両チームの間で2対2のトレードを行い、前年兵庫で打率3位、勝利数・防御率2位と投打に渡って活躍した小久保志乃が移籍してきた。また監督には1年で辞任した大熊忠義に代わって、大阪近鉄バファローズ監督などを務めた佐々木恭介が就任した。

春先から故障のために投げられなかった駒谷が結局シーズン途中で退団したり、即戦力として期待された宮原が平凡な成績に終わるなどの誤算はあったが、小久保が期待通りにチームトップの7勝を挙げ、前年は防御率最下位だった荒井が一転して最優秀防御率のタイトルを獲得して小西の2年連続投手3冠を阻止、ルーキーの塩谷千晶が抑えに定着して最多セーブと新人王の2冠に輝くなど投手力に改善が見られた。だが前後期ともあと1歩のところで優勝には手が届かなかった。なお前年に続いて首位打者・最高出塁率の2冠を獲得した川端は打率.406をマークし、GPBL史上初の4割打者となった。

この年第1回大会が行われた女子野球ジャパンカップでは、2回戦でGPBLにも選手を輩出している神村学園高等部に引き分けの末、抽選で敗退した。オフには3球団目の大阪ブレイビーハニーズの設立が発表され、京都からは小久保ら4選手が移籍した。

2012年

この年は開幕から打線が好調で、課題だった投手陣も前年タイトルを獲得した荒井、2年目を迎えて本来の実力を発揮し始めた宮原、ルーキーの半田渚など頭数が揃い、外野手登録ながら前年までは投手としてもエース格だった大倉が野手に軸足を移す余裕も生まれた。シーズン中盤に塩谷が右肘の手術で離脱するが、主将の河本が抑えに回ってその穴を埋めた。また結成1年目の大阪、選手が大幅に入れ替わった兵庫が共にルーキー7人ずつの陣容となった一方、京都はルーキー3人と他2チームに比べると選手の経験の面で優位に立っていた。これらの要素が重なった結果、前期は早々と京都の独走となり、6月3日の大阪戦に7-4で勝利して5試合を残して悲願の半期初優勝を決める。

後期は中盤までは出遅れていたが、終盤の引き分けを挟む4連勝で残り2試合の時点で首位に立った。しかし勝てば後期優勝ならびに年間優勝が決まった10月24日の大阪戦に相手を無安打に抑えながら敗れて後期は最下位となり、続く11月5日に行われた大阪との総合優勝決定戦でも2点リードの最終7回裏に3点を取られて逆転負けを喫し、年間優勝も逃した。なお、優勝決定戦では監督の佐々木が体調不良でベンチ入り出来ないアクシデントがあった。

後期終了と優勝決定戦の間に行われたジャパンカップも決勝で兵庫に敗れ、年間の勝率は最高だったが、シーズン終盤の肝心の試合を落として結局タイトルは前期優勝のみにとどまった。

2年連続2冠だった川端は惜しくも無冠だったが、三浦が首位打者・最多安打・盗塁王の3冠を達成、大倉も打点王のタイトルを獲得し、この3人を軸とした打線はリーグ随一の攻撃力を誇った。投手部門では河本が最多セーブのタイトルを獲得している。

2013年 - (ウエスト・フローラ)

2013年

1月17日に機構が行ったリーグ再編についての記者会見で、従来の関西3チームは東日本・西日本2チームずつに再編されることが発表された。その後2月14日にリーグのホームページがリニューアルされた際、イースト・アストライア以外の3チームは前年までの関西3チームをそれぞれ継承することが明記された。

ウエスト・フローラは京都アストドリームスの継承球団とされたが[3]、この年の初期メンバーで最も多いのは小西美加、小西つどいなど6名が入団した旧大阪の選手で、旧京都からの「残留組」は河本、三浦、荒井、松本育代の4名である。これに旧兵庫の中村茜(中村は2010年オフのトレードで京都から兵庫に移籍していたため「復帰」の形になる)、ルーキー3選手を加えた計14選手がウエスト・フローラとしての創立メンバーとなった。監督には前年兵庫の監督を務めた松村豊司、コーチには河本が選手兼任で、主将には兵庫・大阪でエースとして活躍してきた小西美加がそれぞれ就任した。

前年最多安打のタイトルを分け合った三浦と中村を中心とする打線はある程度の計算が立つ一方、元々登録が3名しかいない投手陣はエースで主将の小西美加が柔道整復師の専門学校を卒業できなかったペナルティで一部の試合で出場制限がかかったり、荒井が前年後半からの不調に故障が重なって出遅れるなどで駒不足気味であったため、前年まで未勝利の中川美咲やルーキーで内野手登録の矢野みなみにも登板機会が多く与えられた。7月1日にはウエスト・フローラ、イースト・アストライア、ノース・レイアの間で三角トレードが成立し、フローラでは荒井がレイアに移籍し、アストライアから前年途中まで京都の抑えを務めていた塩谷千晶が加入した[4]

ティアラカップでは特に中盤に優勝を重ね、残り2大会の時点で2位のアストライアに優勝回数で1回差を付けたため、2大会のうち1回でも優勝すればシーズン1位で年間女王決定戦に進出できたが、その2大会はいずれもアストライアが優勝したため逆転を許し、2位で女王決定戦に進んだ。女王決定戦ではアストライアに2連勝することが年間女王への条件であったが、第1戦で0-9と惨敗し、アストドリームス時代に続いてまたしても年間優勝はならなかった。ジャパンカップは準決勝で優勝したサウス・ディオーネに敗れている。

前年まで毎年3つ以上の個人タイトルを獲得してきた小西美加が出場制限も響いて初めて無冠に終わった一方、三浦が最多安打と盗塁王、チーム最多の8勝を挙げた矢野が新人王のタイトルを獲得した。三浦は2011年に川端友紀が記録した従来のシーズン最高打率.406を上回る.407の打率を残したが、川端がさらにそれを上回る.431だったため2年連続の首位打者は逃している。なおシーズン終了後に河本、松本など5選手が引退した。

2014年

2014年シーズンは前年から残った9選手に、ディオーネから移籍した植村美奈子とルーキー3選手を加えた13選手でスタートすることになった。首脳陣に関しては監督の松村は続投で、前年現役を引退した新原千恵がコーチに、レイアの監督に転じた河本に代わって小西美加が選手兼任コーチとなった。またアストドリームス時代から打の中心として活躍してきた三浦伊織が主将に就いている。

シーズン成績

リーグ戦

  • 2010年:前期2位、後期2位。
  • 2011年:前期2位、後期2位。
  • 2012年:前期1位、後期3位。
  • 2013年:通算2位。
  • 2014年:前後期とも西地区1位、年間優勝。
  • 2015年:前期1位、後期1位、年間優勝。
  • 2016年:前期3位、後期2位。
  • 2017年:通算3位。

※優勝したシーズンのゲーム差は※を付けて2位とのゲーム差を記載。

年間優勝決定戦
  • 2012年11月5日:京都5 - 6大阪(年間優勝ならず)
  • 2014年:イースト・アストレイアに2連勝で年間優勝
  • 2015年:埼玉アストレイアに1勝1敗で年間優勝
  • 2016年10月15日:京都フローラ1-4兵庫ディオーネ(兵庫ディオーネが2戦先勝したため年間優勝ならず)

女子野球ジャパンカップ

  • 2011年:2回戦敗退(抽選による)
  • 2012年:準優勝
  • 2013年:準決勝敗退
  • 2014年:優勝
  • 2015年:準決勝敗退
  • 2016年:準決勝敗退
  • 2017年:2回戦敗退(抽選による)

脚注

  1. ^ 2015年度リーグ新体制について
  2. ^ ただし最高出塁率はこの年はタイトルとしては表彰されていない。
  3. ^ 球団情報
  4. ^ フローラ、アストライア、レイア トレードのお知らせ

関連項目

外部リンク