メインメニューを開く

剣舞(けんぶ、けんまい、けんばい)は、伝統的な踊りの一種。一般にを持って踊る。人類の歴史上、人間が剣を使うようになってから、さまざまな国で剣舞が行われてきた。武器を持った舞は武舞と呼び、剣舞はその一種である。

観賞、祭り等の演目、邪霊を払う等の目的で行われた[1]

日本編集

日本では次のような踊りが行われてきた。

アジア編集

 
唐代の名妓「公孫大娘」の剣舞
  • 中国とベトナム:剑舞もしくは剑器舞。紀元前4世紀ごろに書かれた『山海経』の中山経には干儛(盾の舞)を神に奉納する儀式として書かれている。また中国の地理書『山海経』海外西経には古代の戦神である形天が盾と斧を持って舞ったという記述がある(「操干戚以舞」と書かれ、刑天舞干戚と言われる)。四字熟語の干戚羽旄(かんせきうぼう)も武舞と文の舞を示す語である。
  • 韓国:クォンム(劍舞)
  • インド:ガッカ、Paika akhada、Chholiya

ヨーロッパ編集

中東編集

剣舞のアラビア語‐英語表記:raqs al-saïf

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集

  • 剣の舞(つるぎのまい) - アラム・ハチャトゥリアンの楽曲
  • 中国唐代の詩人杜甫の作品:观公孙大娘弟子舞剑器行
  • 予祝芸能 - 農作業や戦の前に祝い、豊作や勝利を現実化しようとする儀式
  • タフティーブ - エジプトの棒術、棒踊り