メインメニューを開く

剣舞(けんぶ、けんまい、けんばい)は、伝統的な踊りの一種。一般にを持って踊る。人類の歴史上、人間が剣を使うようになってから、さまざまな国で剣舞が行われてきた。

観賞、祭り等の演目、邪霊を払う等の目的で行われた[1]

目次

日本編集

日本では次のような踊りが行われてきた。

アジア編集

 
唐代の名妓「公孫大娘」の剣舞
  • 中国:剑舞もしくは剑器舞
  • 韓国:クォンム(劍舞)
  • インド:ガッカ、Paika akhada、Chholiya

ヨーロッパ編集

中東編集

剣舞のアラビア語‐英語表記:raqs al-saïf

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集

  • 剣の舞(つるぎのまい) - アラム・ハチャトゥリアンの楽曲
  • 中国唐代の詩人杜甫の作品:观公孙大娘弟子舞剑器行