劉 隠(りゅう いん、乾符元年(874年) - 乾化元年3月3日911年4月4日))は、節度使後梁の南海原籍河南上蔡

賢士・名士を好み、唐末や後梁の混乱で中央から逃れてきた多くの人材を登用して[1]十国南漢の基礎を作り上げた。

生涯編集

乾符元年(874年)、劉知謙の嫡出の長男として生まれる。乾寧元年(894年)に父が死去したため、その後を継いで封州刺史となる[1]

広州で反乱が起こると、その鎮圧に功績を挙げたことで天祐2年(905年)に哀帝から清海軍節度使中国語版に任じられた[1]。そして広東広西に勢力を拡大して半独立勢力を築いた。唐に代わって後梁が成立すると、太祖に臣従して開平3年(909年)4月に南平王に封じられ[2]乾化元年(911年)には南海王に改封された[3]。しかしその直後に病に倒れて死去した。享年38[1]

男子がいなかったため、後を弟の劉巖が継いだ。貞明3年(917年乾亨元年とした)に劉巖が皇帝を称すと、襄皇帝の[1]と烈祖の廟号をもって追尊され、徳陵中国語版に葬られた[2]

宗室編集

父母編集

女子編集

兄弟編集

  • 弟:劉台、(劉巖、南漢の高祖)

出典編集

  1. ^ a b c d e 新五代史』巻六十五 南漢世家第五
  2. ^ a b 十国春秋』巻五十八 南漢一 列宗世家
  3. ^ 旧五代史』巻一百三十五 僭偽列伝二 劉陟