日本 > 四国地方 > 徳島県 > 徳島市 > 加茂名地区

加茂名地区(かもなちく)は、徳島市の行政上の地区である。徳島市の西部に位置する。

加茂名地区
かもな
日章旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
自治体 徳島市
旧自治体 名東郡加茂名町の大半
世帯数
10,648世帯
総人口
23,395
徳島市情報推進課、2011年7月1日)
隣接地区 不動地区加茂地区佐古地区八万地区上八万地区国府地区
徳島市役所加茂名支所
所在地 〒770-8076
徳島県徳島市庄町五丁目48番地5
リンク 加茂名支所公式ページ
テンプレートを表示

1937年徳島市へ編入された名東郡加茂名町の領域とほぼ一致する。ただし佐古地区との境界はかなり異なる。

地理編集

徳島市西部、鮎喰川右岸(南東岸)に広がり、古くは鮎喰川の氾濫原だった吉野川デルタの一部を占める。さらに、眉山北西麓を経て分水嶺まで広がる。

東西に平行して走る、北の県道30号と南の国道192号沿線と、蔵本駅周辺が商業地で(鮎喰駅周辺はあまり商業化していない)、他は住宅地である。

自然編集

町と人口編集

人口は徳島市による推計[1](2011年6月)。3世帯以下の丁目・小字の人口は各町の人口から除外されている(地区計には計上されている)。

町丁 丁目・小字 人口 注記
蔵本町 1~3丁目 00428
蔵本元町 1~3丁目 00609
南蔵本町 1~3丁目 00318
北島田町 1~3丁目 01816
中島田町 1~4丁目 01939
南島田町 1~4丁目 01584
庄町 1~5丁目 02618
南庄町 1~5丁目 01583
鮎喰町 1~2丁目 01860
名東町 1~3丁目 09661
加茂名町 小字 00208
佐古 八番町 6・7番 00034 一~八番町のうち。
南佐古 八番町 5番 00092 一~八番町のうち。
北矢三町 四丁目 1~5・9番 00092 一~四丁目のうち。
00005 3世帯に満たない丁目・小字の合計。
23397

町境と一致しない地区境のうち、北矢三町内を通る地区境は、加茂町編入前の旧市町村境とほぼ一致している。しかし、佐古・南佐古内を通る地区境は、加茂名町編入前の旧市町村境とは大きく異なる。

隣接地区編集

国府地区・不動地区とは鮎喰川を介して接しており、橋で結ばれている。八万地区・上八万地区とは眉山山中で接している。加茂地区・佐古地区とは市街が連続している。

歴史編集

名の由来編集

諸説あるが、「加茂郷」と「名方郷」の合成だとする説が最も支持されている[2]

加茂郷編集

加茂郷は平安時代にこの地区または周辺にあった郷で、その正確は位置については諸説あるが、『大日本地名辞書』は加茂地区から加茂名地区にかけてとする。考古学からは、「加毛」と書かれた平安時代の墨書土器が庄町から出土したことから、加茂名地区・佐古地区(庄町・蔵本町佐古)とする説が有力である[3]

加茂名町・加茂名村編集

1889年10月1日、町村制施行により加茂名村(1915年11月10日より加茂名町)が成立した。

現在の加茂名地区のほぼ全域を含んだが、徳島市との市町村境は、現在の佐古地区との地区境とかなり異なった。現在の佐古六番町~八番町のそれぞれ一部と南佐古六番町~八番町が、加茂名町だった。一方、佐古八番町のうち加茂名地区に含まれるエリアの一部(八番町6番の一部)は、加茂名町ではなく、徳島市佐古町だった[4][5]

年表編集

旧村・旧大字との対応編集

市町村制以前の町村、市町村制下(加茂名町編入前)の市町村・旧大字、加茂名町編入直後の町、現在の町。

旧町村 旧市町村 旧大字 編入時の町 現在の町
庄村 加茂名村

加茂名町
庄町 庄町南庄町鮎喰町加茂名町
島田村 島田 島田町 北島田町中島田町南島田町北矢三町の一部
東名東村 東名東 名東町 名東町
西名東村 西名東
蔵本村の大半 蔵本の大半 蔵本町の大半 蔵本町蔵本元町南蔵本町南佐古の一部
佐古の一部
佐古町の一部 徳島市 佐古町の一部

交通編集

 
JR蔵本駅
 
JR鮎喰駅

鉄道路線編集

道路編集

施設等編集

教育機関編集

公共施設編集

宗教施設編集

 
地蔵院

その他編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 徳島市:人口・世帯数 - 徳島市情報推進課
  2. ^ 河野幸夫『徳島 城と町まちの歴史』聚海書院 1982年
  3. ^ 日本歴史地名体系 37 徳島県の地名』2000年 平凡社
  4. ^ 徳島市史編さん室 編『徳島市史別巻 地図絵図集』「徳島県阿波国徳嶋近傍地図」徳島市 1988年
  5. ^ 徳島市史編さん室 編『徳島市史別巻 地図絵図集』「徳嶋市街地名町名図」徳島市 1988年