加藤 明堯(かとう あきたか)は、近江水口藩の第4代藩主。水口藩加藤家8代。

 
加藤 明堯
時代 江戸時代中期
生誕 元文5年8月23日1740年10月13日
死没 天明5年8月10日1785年9月13日
改名 松平忠徹(ただみち)[1]→加藤明堯
別名 仙菊、万助、主計、孫太郎[1]
戒名 大光院殿釋宗演
墓所 京都府京都市東山区五条坂の大谷墓地
官位 能登守、伊勢
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
近江水口藩
氏族 桜井松平家加藤氏
父母 父:松平忠名、母:久保氏[1]
養父:加藤明煕
兄弟 明堯松平忠告土井利厚
正室加藤明煕の養女(加藤明経の娘)
養子:明陳
テンプレートを表示

生涯編集

元文5年(1740年)8月23日、摂津尼崎藩主・松平忠名の次男として江戸で生まれる。母は側室であり、寛保2年(1742年)に正室の子として松平忠告が生まれると、明堯は「庶子たるにより家督たらず」とされ、宝暦元年(1751年)4月19日に忠告が嫡子とされた[1][2]

第5代藩主・加藤明煕の長男・幾之助が早世したため、明煕の養子となった。宝暦12年(1762年)12月18日、能登守に任官する。明和4年(1767年)に養父が死去したため、家督を継いだ。12月8日に伊勢守に遷任する。藩政では目安箱を設置するなどして、広く意見を求めた。

安永7年(1778年)5月6日に家督を養子の明陳に譲って隠居する。天明5年(1785年)8月10日に死去した。享年46。

系譜編集

父母

正室

養子

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 『寛政重修諸家譜』巻第五、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.30
  2. ^ 岩城卓二. “藩主の一生”. Web版 図説尼崎の歴史. 2021年11月25日閲覧。