メインメニューを開く

勝悦子

勝 悦子(かつ えつこ)は、日本経済学者明治大学政治経済学部教授。専門は国際金融論経済政策

目次

略歴編集

筑波大学附属中学校・高等学校[1]慶應義塾大学経済学部卒業。

東京銀行(現:三菱UFJ銀行)ニューヨーク支店、調査部、日本総合研究所を経て、1995年茨城大学人文学部社会科学科助教授。1998年明治大学政治経済学部助教授、2003年教授[2]。2008年副学長(国際交流担当、~2016年)。

財務省関税外国為替等審議会委員、厚労省労働政策審議会委員、文科省中央教育審議会委員、フルブライト委員会委員、商船三井取締役等を歴任。

著書編集

単著編集

  • 『円・ドル・マルクの経済学』(東洋経済新報社, 1994年)
  • 『グローバル・キャピタル革命』(東洋経済新報社, 1998年)
  • 『新しい国際金融論』(有斐閣, 2011年)
  • 「新興国の為替レジームの分類に関する論考:de jureとde factoの為替制度分類を中心に」(明治大学『政経論叢』2018年)

共著編集

  • (小川英治他)『国際金融理論』新・国際金融テキスト1(有斐閣、2008年)
  • (馬田恵一、木村福成、田中素香編)『検証・金融危機と世界経済』(勁草書房、2010年)
  • 堀江康煕, 上林敬宗)『金融のメカニズム』(中央経済社, 2006年)

翻訳編集

脚注編集