メインメニューを開く
本来の表記は「化林性偀」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

化林性偀(けりん しょうえい、万暦24年2月2日1596年) – 寛文7年6月3日1667年))は、江戸時代初の中国から渡来した黄檗

化林性偀
1596年 - 1667年
生地 福建省福州府福清県三山
宗派 臨済宗黄檗派
寺院 崇福寺、黄檗山萬福寺福聚寺
即非如一

法諱を性合のちに性偀、道号を化林と称した。福建省福州府福清県三山の人。

目次

略歴編集

儒学医学を修めたが、明朝滅亡後支堤山に隠逸。順治9年(1652年)、雪峰山崇聖寺の即非如一に参禅し出家した。即非が日本に渡来した8年後の万治3年(1660年)に長崎に渡来。寛文3年(1663年)、即非が宇治萬福寺に赴くと崇福寺の監寺についた。寛文5年(1665年)、即非に招かれて福聚寺の後堂となった。晩年、崇福寺第4代住持となったが、寛文7年(1667年)に示寂。享年74。

化林は文人気質があふれる山水図墨竹図などを能くした。独立性易と共に日本で最も早く文人画を画いたとされる。のちに和僧の蘭谷元定百拙元養にも影響を与えている。

作品編集

  • 「墨竹図」寛文6年(1666年)

関連項目編集

参考文献編集