メインメニューを開く

多摩 幸子(たま ゆきこ、1941年 - )は日本歌手。姉は歌手の菊池章子。姉の孫であるcaminoのメンバーのKIKUとBREATHのメンバーだった菊池一仁の大叔母にあたる。

目次

来歴・人物編集

東京都下谷出身。

東邦音楽学校を卒業した後、1958年(昭和33年)に歌手デビューする。

1961年(昭和36年)、和田弘とマヒナスターズとデュエットした「北上夜曲」が大ヒットする。この際、姉の菊池章子から「マヒナの方々はもてるから、気を付けなさいね」と言われたという。「北上夜曲」は数組の歌手による競作となったが、多摩幸子&和田弘とマヒナスターズ盤とダークダックス盤の2つが特に大ヒットした[1]

懐メロブーム到来前の1966年(昭和41年)、25歳で結婚して歌謡界を引退した。その後、歌手復帰(具体的な復帰時期は不明)。懐メロ番組に度々出演する。

2002年(平成14年)4月7日、実姉の菊池章子が死去。

現在は社団法人日本歌手協会に所属。

主な出演編集

映画編集

  • 唄しぐれ千両旅
  • 弥次喜多珍道中 中仙道の巻
  • 地獄の影法師
  • 社長と女秘書 全国民謡歌合戦
  • 楢山節考

歌番組編集

その他編集

  • 第38回日本歌手協会歌謡祭[2]ゆうぽうと、2011年11月11日)
  • 日本歌手協会創立50周年記念 歌謡フェスティバル(ゆうぽうと、2013年11月22日

脚注編集

  1. ^ 喜早哲『日本の美しい歌―ダークダックスの半世紀』、新潮社、2007年、130-131頁。ISBN 9784103048510
  2. ^ 俳優の西田敏行らと共に出演