北上夜曲(きたかみやきょく)は1941年の楽曲である。

概要編集

1940年12月に当時水沢農学校の生徒だった菊池規(1923年 - 1990年)が作詞を担当、翌年2月に当時旧制八戸中学校の生徒だった安藤睦夫(1924年 - 2007年)は菊池から歌詞を送り、曲作りを出した。その関係は同じ下宿で過ごしていた仲間で、岩手県出身だった[1]。安藤は試験勉強がおろそかになり、留年の危機となった[2]

楽曲が誕生した後、共に作者は不詳として名義し、教師の道を歩むことになる。戦後になって歌声喫茶がブームとなり、楽曲に一つとなった[2]

1961年に週刊誌「サンデー毎日」が作者不明の愛唱歌として紹介されたことがきっかけで、作曲を担当した安藤が名乗りを上げ、その年ダークダックス、多摩幸子&和田弘とマヒナスターズビクター)、菅原都々子の競作で発売、映画化も複数され、日活『北上夜曲』5月21日、大映『北上川の初恋』5月24日、新東宝『北上川悲歌』5月31日、ダークダックスのものは川地民夫松原智恵子出演の日活映画で主題歌として使用[3][4]され、菅原都々子のものは新東宝の主題歌として使用された。 曲として最もヒットしたのは多摩幸子&和田弘とマヒナスターズのものである。

『ふるさとチャイム』東北新幹線・北上駅到着時の車内チャイム(1991年まで使用)

1974年北上市歌碑を建立、1982年に展勝地レストハウスに移転する。

1987年10月10日[5]から2011年まで「北上夜曲歌唱コンクール全国大会」を開催した[1]

「発祥の地」について編集

上記概要にもあるように、歌詞は菊池が水沢農学校の生徒だった時に手掛けた。菊池は江刺郡田原村原体(現・岩手県奥州市江刺田原の原体地区)の実家から、北上川にかかる小谷木橋(こやぎはし)を渡り、通学していた。一時期は江刺愛宕(あたご)の下川原地区の下宿に住んでいたこともあり、北上川河畔に位置する下川原から学校まで北上川沿いが通学路だったと思われる。[2]

このことから、主に奥州市江刺や水沢にかけての北上川流域一帯の情景や青春時代の情熱が歌詞のモチーフになったと思われる。

しかし曲名の「北上」が、同じ岩手県の北上川流域の都市北上市の市名と同じであり、さらに上記概要の後段に記載のとおり観光名所展勝地の歌碑、新幹線の車内チャイム、歌唱コンクールの存在などによって、「北上市が北上夜曲の発祥の地」と広く認識されている節がある。北上市の市名は1954年4月の昭和の大合併時に新規に付けられたもので、菊池の作詞はそれよりも前の1940年12月である。

菊池が青春時代を過ごし、歌詞のモチーフとなった奥州市内には桜木橋の江刺側[6]と、小谷木橋(現・新小谷木橋)近くの北上川河川敷内(水沢リバーサイドゴルフ場隣接地)[7]の2カ所に「発祥の地」と位置付けた歌碑(詩碑)がある。

脚注編集

外部リンク編集