北京世界園芸博覧会

2019年に中国の北京延慶区で開催された国際園芸博覧会

2019年中国北京世界園芸博覧会 (ちゅうごくペキンせかいえんげいはくらんかい、2019年北京国際園芸博覧会2019年北京世界公園北京ワールドパークとも)は、2019年4月29日から10月7日中国北京延慶区で開催された国際園芸博覧会(A1認定)。博覧会国際事務局が認定した国際博覧会(認定博)である。中国においては雲南省昆明1999年に開催された昆明世界園芸博覧会に続く、2番目のA1国際園芸博覧会となる[2]

AIPH 北京 2019
概要
BIE区分Horticultural
名称北京世界園芸博覧会
標語"Building a Beautiful Home Featuring Harmonious Coexistence between Man and Nature"
観客数16 000 000 (expected)
会場
中華人民共和国の旗 中国
都市北京
座標北緯40度26分17秒 東経115度56分40秒 / 北緯40.438050度 東経115.944489度 / 40.438050; 115.944489座標: 北緯40度26分17秒 東経115度56分40秒 / 北緯40.438050度 東経115.944489度 / 40.438050; 115.944489
経緯
初日2019年4月29日 (2019-04-29)
最終日2019年10月7日[1]
Horticultural
前回アンタルヤ国際園芸博覧会アンタルヤ
次回ドーハ国際園芸博覧会ドーハ
テーマ型博覧会
前回アスタナ国際博覧会アスタナ
次回ベオグラード国際博覧会ベオグラード
Universal expositions
前回ミラノ国際博覧会ミラノ
次回ドバイ国際博覧会ドバイ
インターネット
ウェブサイトwww.horti-expo2019.org
中国国際航空が世界園芸博覧会のために特別塗装したA350-900 「カラフルな庭」塗装機

入札と準備 編集

 
公園内の新しい永寧コート

北京での2019年世界園芸博覧会の申請は、2012年9月11日の第64回国際園芸生産者協会年次総会で承認された[3]

開会式 編集

世界園芸博覧会のオープニングセレモニーは、2019年4月28日に北京世界園芸博覧会舞台芸術センター[4]で開催。

閉会式 編集

世界園芸博覧会の閉会式は、2019年10月9日の夜に北京の延慶で開催された。中国の李克強首相と外国の指導者グループが閉会式に出席した。 李克強首相は「中国政府と国民を代表して、中国政府と国民に万博の成功を祝福し、万国博覧会を支援、参加したすべての国の友人に感謝の意を表する」と述べた。

公園 編集

北京世界園芸博覧会公園は北京延慶区延慶町の Lisi Guanzhuang村とGujiaying村に位置しており[5]、2016年に開設[6]。村の元の養魚池は73,000平方メートルのラグーンに拡張され[7]、掘削された土工は西側の高さ25メートルの天田山に積み上げられた。

支援施設 編集

アウトバウンドトラフィック 編集

2022年冬季オリンピックの支援プロジェクトとして、2019年1月1日にJingli Expresswayの Yanqingセクション北6環道路が開通し、ピーク時の内側の車線はワールドガーデンの専用車線として設定された。

主催者は、World Expo Parkの南側に7つの異なる機能を持つP1-P6およびBH3駐車場を設置。P7駐車場は公園の北側に設置され、P8駐車場は張山営町のJingxin Expresswayの近くに設置。さらにP9駐車場があり、公園から遠く離れた3つの駐車場とは無料の交通アクセス線で接続。

北京公共交通グループは、1本の定期バス路線、5.5の週末および休日のバス路線、および4つの観光路線を運営し、これらは市中の万博公園のP3駐車場に直接接続。北京鉄路局調整のもと、 S2ラインは週末と休日に運行し、 黄tuから延慶まで17.5ペアの郊外列車を運行。 延慶駅では、無料のシャトルラインで乗客をBH3駐車場に連れて行き、都市エリアに対応する複数の地下鉄の駅と地下鉄路線は、万博の期間中に延長された。

公園のアトラクション 編集

4つのホール 編集

中国園芸展示エリア 編集

国際園芸展示エリア 編集

日本展示館 編集

日本政府(農林水産省国土交通省)は、庭屋一如(ていおくいちにょ)をテーマに日本庭園と日本展示館を出展した[8]。日本展示館の累計入場者数は107万人。「国際屋外出展部門」の大賞を受賞[9]

マスター展示公園 編集

その他の展示場 編集

脚注 編集

外部リンク 編集