メインメニューを開く

北原 昇(きたはら のぼる、1917年[2] - 没年不明)は、長野県出身のプロ野球選手。ポジションは二塁手遊撃手[3]

北原 昇
Noboru Kitahara.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 1917年
没年月日 没年不明
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1939年
初出場 1941年
最終出場 1942年8月5日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

松本商業(現・松商学園高等学校)在学中は、甲子園に2回出場(春1回〔1933年〕、夏1回〔1935年〕)。1933年春の大会では、遊撃手として出場し、優秀選手賞を獲得[3]立教大学進学後も強打者として鳴らし、山本一人(後に南海でチームメイトになる)のライバルとして有名だった。立大卒業後は、ノンプロの台湾実業団を経て、1941年南海軍に入団。

南海入団後も打棒は衰えず、長打力のある打者として活躍。入団年の1941年こそ国久松一猪子利男の控えに甘んじたが、シーズン終盤の10月から14試合に出場し、打率.333をマーク。戦争による用具の悪化により、この年のリーグ全体の打率が.201、特に南海は貧打線として知られチーム打率が.195しかなかったことを考えると驚異的な成績だった事が分かる。翌1942年に国久が左翼手、猪子が遊撃手に回った事により、二塁手のレギュラーを獲得。4番を打っていた岩本義行の前を打つ3番打者として、勝負強い打撃でチームに貢献した。特に選球眼に優れており、四球三振より圧倒的に多かった。また、「苅田久徳以来の名二塁手」として評価された守備の名手でもあった。

しかし、実は南海入団前に結核を患っていた。その為、マスクを付けて球場入りする事もあったという(ちなみに、チームメイトのエース・神田武夫にも同様のエピソードがある)。1942年8月5日朝日戦を最後にプロ野球出場は途絶え、その後応召。戦地で持病の結核を悪化させ、戦病死した(正確な没年月日、死没場所は不明)。20代中盤の短い生涯だった。

東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1941 南海 14 59 51 6 17 3 0 1 23 7 0 -- 2 -- 6 -- 0 1 -- .333 .404 .451 .855
1942 65 281 241 24 60 6 1 1 71 24 14 7 6 -- 30 -- 4 4 -- .249 .342 .295 .637
通算:2年 79 340 292 30 77 9 1 2 94 31 14 7 8 -- 36 -- 4 5 -- .264 .352 .322 .674

背番号編集

  • 16 (1941年 - 1942年)[4]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集