メインメニューを開く

北朝鮮クーデター陰謀事件とは、一般には1992年に北朝鮮の軍部内で発生したクーデター陰謀事件であるとされているが、実際はKGBによる工作事件ともされている[1]事件のこと。

目次

概要編集

朝鮮戦争後北朝鮮とソ連はソ連の書記長であったフルシチョフが西側との協調路線に転向した事を受け関係が悪化していた。しかし1985年から北朝鮮とソ連との間で軍事交流が始まり北朝鮮軍の将校や幹部はソ連に留学、北朝鮮は軍の近代化へむけた教育を受けさせたい半面、ソ連は自分たちの影響下に北朝鮮を縛っておきたいという両者の思惑があった[2]

KGBの作戦編集

KGBは近い将来北朝鮮軍の首脳部となる将校たちを掌握する必要があると考え

を作戦として実行、実に半数以上の留学将校たちを自分たちの影響下に置くことに成功。成功した背景として

  • 北朝鮮から送られたのはわずか100ルーブル[3]であり将校たちは到底生活が出来なかった事
  • 留学中の間一人で生活することになりその間禁欲生活を強いられていた事

が挙げられる[4]

またKGBは影響下に置いた人間を最優秀の成績で卒業させたことから彼らはKGBの思惑通り北朝鮮軍の重要ポストに着任することとなる[5]

ソ連の崩壊と事件の発覚編集

80年代後半から東欧の社会主義国で起こった民主化運動の流れの中ベルリンの壁崩壊や東西ドイツ統合などに象徴される冷戦の終結はソ連も例外ではなかった。ソ連もペレストロイカグラスノスチ等の政策をとってはいたが民主化運動の流れには逆らえず影響下に置いた北朝鮮将校たちを活用しないままついにソ連も崩壊してしまう。そんな中1992年、北朝鮮に「ソ連留学生の間でKGB工作に引っかかったものがいる」という情報が流れてきたが情報が流れてくるまで北朝鮮の首脳は一切の事実を把握していなかった。

北朝鮮の対応編集

朝鮮人民軍保衛司令部司令官元応煕からそのことを知った金正日はKGB工作に引っかかったものを徹底的に調査するよう指示。1986年以降ソ連に留学した将校たちを対象に高級幹部、北朝鮮大使館の武官等をことごとく逮捕。1994年までに北朝鮮は彼らをスパイ、反革命分子と規定し粛清した。中にはKGBの工作に全く関係のないものまでソ連に留学したという理由だけで反革命分子と規定し粛清している。また94年には定年に満たない将校600人を強制的に除隊させた[6]。そのため世界の情勢を知っていたエリート幹部たちは北朝鮮から姿を消し北朝鮮はさらなる孤立化への道を進むことになった[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 李友情著 金正日入門
  2. ^ 李友情著「金正日入門第7章金正日を支える面々232ページ
  3. ^ 日本円でおよそ3万円(1985年当時)
  4. ^ 李友情著 金正日入門第7章金正日を支える面々232~234ページ
  5. ^ 李友情著「金正日入門第7章235、236ページ
  6. ^ 但し、空軍将校数名は、このクーデターを摘発した元応煕と親交が厚かった空軍司令官趙明録の取りなしで粛清を免れた
  7. ^ 李友情著 金正日入門第7章金正日を支える面々240ページ

関連項目編集