大規模な農園が広がる十勝平野

十勝平野(とかちへいや)は、北海道東部の台地性の平野である。しばしば「日本のウクライナ」と形容されるほど畑作が盛ん。

概要編集

西は日高山脈、北は石狩山地、東は白糠丘陵に囲まれており、南部は太平洋に面している。十勝平野は、面積3,600km2

土地は火山灰を多く含み、カラマツシラカバの防風林が景観上の特色を成している。

農業は、広い耕地に機械を活用した大規模農業が盛んであり、畑作酪農が中心である。大豆小豆甜菜じゃがいもアスパラガスなどの有数な産地であり、北海道一の畑作地帯である。

関連項目編集