メインメニューを開く

十手舞』(じってまい)は、1986年に公開された日本の時代劇映画松竹=五社プロダクション=映像京都製作、松竹配給。主演・石原真理子、監督五社英雄

十手舞
監督 五社英雄
脚本 古田求
出演者 石原真理子
世良公則
夏木マリ
川谷拓三
渡瀬恒彦
地井武男
音楽 佐藤勝
撮影 森田富士郎
配給 松竹
公開 日本の旗 1986年9月20日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

製作経緯編集

1982年に五社が演出した「時代劇スペシャル」『丹下左膳 剣風!百万両の壺』(フジテレビ)の後、古田求が脚本を書いた『十手花』という企画が挙がり、ヒロインを五社がNHK朝ドラまんさくの花』(1981年)でヒロインを演じた中村明美を起用しようとした[1]。しかし岡田太郎ゼネラルプロデューサーが、岩下志麻を推して企画が結局流れ、その後同企画が再び浮上し、タイトルが変更されて映画化されたのが本作となる[1]

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b 春日太一[総特集] 五社英雄 極彩色のエンターテイナー河出書房新社KAWADE夢ムック 文藝別冊〉、2014年、168-171頁。ISBN 978-4309978512

外部リンク編集