西岡善信

日本の美術監督・映画プロデューサー (1922-2019)

西岡 善信(にしおか よしのぶ、1922年7月8日 - 2019年10月11日[1])は、日本の美術監督映画プロデューサー

にしおか よしのぶ
西岡 善信
生年月日 (1922-07-08) 1922年7月8日
没年月日 (2019-10-11) 2019年10月11日(97歳没)
出生地 日本の旗 日本奈良県[1]
死没地 日本の旗 日本京都府京都市[1]
職業 美術監督映画プロデューサー
 
受賞
毎日映画コンクール
美術賞
1963年越前竹人形』、『雪之丞変化
テンプレートを表示

来歴編集

奈良県明日香村出身。法政大学文学部在学中に徴兵され、朝鮮半島で終戦を迎えた。1947年までソ連に抑留され、帰国後の1948年大映京都撮影所に入社。美術部に配属された。

1952年、『天保水滸伝』(安達伸生監督)で初めて美術監督を務め、以降大映が製作した約180本の映画で美術監督を務めた。1952年に市川崑の監督映画『あの手この手』で美術監督を務めたのをきっかけに、大映京都製作の市川監督作品の全てで美術監督を務めた。

大映倒産の後1972年、旧大映社員とともに「映像京都」を設立し、代表取締役社長を務める傍ら、美術監督、プロデューサーとして活躍。1989年に松竹京都映画常務取締役、1994年にはKYOTO映画塾塾長に就任。2002年に第20回川喜多賞を受賞[2]

2010年8月31日をもって、自身の高齢を理由に「映像京都」を解散した[3]

1992年紫綬褒章、1997年勲四等旭日小綬章、1999年京都府文化賞、2001年伊・文化賞(エンリオ・フライアーノ賞)、2004年京都市文化功労賞。

2019年10月11日、老衰のため京都市内の病院で死去。97歳没[1][4]

主な作品編集

出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “西岡善信さん死去 「地獄門」など映画美術第一人者”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年10月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910120000269.html 2019年10月12日閲覧。 
  2. ^ 第20回川喜多賞 西岡善信氏”. 公益財団法人川喜多記念映画文化財団. 2021年7月13日閲覧。
  3. ^ 時代劇の技守り38年、職人集団「映像京都」解散 京都新聞、2010年9月4日閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ “映画美術監督の西岡善信さん死去 「地獄門」「利休」”. 朝日新聞. (2019年10月12日). https://www.asahi.com/articles/ASMBC7VLZMBCPTFC00P.html 2019年10月12日閲覧。 

参考文献編集

  • 『市川雷蔵とその時代』室岡まさる(インタビュー・構成)、徳間書店、1993年。ISBN 4195552370

外部リンク編集